この星の格闘技を追いかける

【UFC125】代役ポイエー、グリスピをフルマークで破る

2011.01.02

■第5試合 フェザー級/5分3R
ダスティン・ポイエー(米国)
Def.3R終了/判定
ジョシュ・グリスピ(米国)

グリスピのミドルに左を合わせたポイエー。グリスピがジャンピングガードで飛びついてハイガードの態勢になるが、自ら着地する。打撃戦で優勢なポイエーが、左右のフックでグリスピを追い込む。テイクダウン狙いのグリスピからトップを奪ったポイエーだが、スタンド戦を望みスタンドへ戻る。

強烈なローキックを2発受け、バランスを崩したグリスピは、リバーサルでトップを狙うが、ポイエーはトップをキープし、試合はスタンド戦へ。再び強烈なポイエーのパンチの猛打に身をさらしたグリスピは、引き込むようにガードワークを取り、アームロックを狙う。


一瞬、腕が伸びたポイエーだが、腕を引き寄せ難を逃れると、トップポジションをキープして初回を終えた。

2R、右ハイから前に出てパンチを繰り出すグリスピが、テイクダウンを狙うとポイエーはヒザをボディに突き刺す。一瞬動きが止まったグリスピは、差し替えられエルボーからアッパーを受け、ケージにそって後退する。

パンチを受けたグリスピは、一瞬トップを取りギロチンを狙い引き込む。得意技を仕掛けたグリスピだったが、ポイエーは難なく首を引抜き、試合は再びスタンド戦へ。ケージを背に、パンチを受けるグリスピは、シングルレッグから引き込んでクローズドガードへ。体をおこして、パウンドを落とすポイエー、呼吸を整えるように動きが小さくなると、グリスピが三角絞めへ。

立ち上がってスラムで三角を逃れたポイエーは、そのまま強烈なパウンドを落す。立ちあがった両者、残り15秒となり首相撲からヒザを突き上げ、さらに左右のエルボーを打ち続けたポイエーが、この回も圧倒的に支配した。

最終回、自信満々の表情で距離を詰めたポイエーは、サウスポーの構えから重い左ストレート、右アッパーを打ち込み、首相撲でグリスピを捉える。顔面にヒザを突き上げるポイエーは、さらにボディにヒザ蹴りを見舞うと、離れたグリスピに左を伸ばし、シングルレッグ狙いを潰す。

ガードを取るグリスピに対し、スタンドに戻ったポイエーはワンツーから再び首相撲の状態となりヒザを見せる。スタンドで腕をロックしたまま、前方回転しガードから腕関節を仕掛けたグリスピだが、ポイエーの打撃で疲弊したボディに力は残っておらず、簡単に立ち上がられてしまう。

ヒザをキャッチしたグリスピが、ダブルレッグに成功し、トップからパスを狙う。ハーフから左エルボーを落とすも、ポイエーはフルガードに戻し、フックガードへ。残り1分、堅実なガードワークを見せるポイエーだったが、ここでグリスピがパスガードに成功する。

足関節を狙われ、肩ブリッジからエビで正対したポイエーは、そのままグリスピに決定的な仕事をさせず、タイムアップに。世界戦の代役として出場したポイエーが、グリスピを圧倒しフルマークの判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie