この星の格闘技を追いかける

山本真弘、無念。欧州キックに世代交代の波

2010.12.12

11日(土・現地時間)、YIANNIS EVGENIKOS Presents IT’S SHOWTIME ATHENSが、ギリシャのアテネ郊外ピース&フレンドシップ・スタジアムで行われた。イッツショータイムにとって初めてのギリシャ大会は、70キロMAXで新世界王者が誕生した。

ムラット・ディレッキーに挑戦したクリス・ンギンビは、2Rに右手一本で首を抑えた状態から、左ヒザを突き上げてダウンを奪う。その後は一進一退の攻防が続き、徐々に王者ディレッキーが押し返したように見えたが、ジャッジの判定はンギンビを支持し、新チャンピオンが誕生した。

なお、日本から参戦し、61キロ級王座に挑んだ山本真弘はスピーディーかつテクニカルな攻防で、攻勢に出ようとした3Rに、ヒザか、グローブの押し戻しか、右目尻を大きくカット、無念の試合ストップとなった。

また、アンディ・サワー、ドラゴといった日本でも馴染みのファイターは、サワーがパヨンスックのクリンチにペースが掴めないまま戦い、不完全燃焼の判定勝利を挙げるも、ドラゴは新鋭ヤフス・カヤバシにヒザを受けてダウンを喫し、イッツショータイム3連敗となった。

またヘビー級ではアレクセイ・イグナショフが、トマシュ・ハロンに判定ながら完敗を喫するなど、イッツショータイム――欧州キックボクシング界に世代交代の波を押し寄せている印象を残した大会となった。

IT’S SHOWTIME ATHENS 主要試合結果一覧&レポートはコチラ

PR
PR

関連記事

Movie