この星の格闘技を追いかける

【WEC52】一進一退のファイト、スワンソンが判定勝ち

2010.11.12

■第2試合 フェザー級/5分3R
カブ・スワンソン(米国)
Def.3R終了/判定
マッケンス・セミザール(米国)

左を伸ばすセミザールは、スワンソンの右ローをキャッチしてテイクダウン。寝技に固執せず、スワンソンを立ちあがらせたセミザールは、スワンソンの首相撲を外し、金網に押し込んでいく。態勢を入れ替えたスワンソンは、ヒップトスでセミザールを投げ捨てると、立ち上がってきたところにパンチ、ハイ、ローを立て続けて打撃をヒットさせる。

スワンソンの左に、右フックを合わせたセミザールは、続いてジャンピングハイキックを放ち金網を蹴りつける。ボディロックからテイクダウンしたセミザールは、ハーフから肩パンチを見舞い、パスの機会をうかがう。スタンドに戻ったセミザールを追いかけ、立ち上がったスワンソンは、果敢にパンチを繰り出すが、被弾するシーンも多い。残り10秒の打ち合いで、左を受けつつ右ストレートを返したスワンソン。ノンストップアクションの1Rが終わった。


2R、初回と同じようにスピーディーな打撃の交換から、セミザールが組みつき、ケージ際でスワンソンのボディにヒザを放つ。左リードジャブから、右フックを見せたセミザールは、続いて左をヒットさせるが、パンチを受けてなおスワンソンは勢いづく。シングルでテイクダウンを奪ったスワンソンだったが、セミザールは直後に立ち上がると逆にスワンソンをケージに押し込む。

自ら距離を取ったセミザールは、右ストレートをもらいながら、ヒザ蹴りを返す。スワンソンの左の精度が上がるなか、ジャンピングハイを見舞ったセミザールだが、これは空振りに。直後にスピニングバックブロー、左ボディフックをヒットさせたスワンソン。やや動きが粗くなってきたセミザールのパンチをダッキングでかわすと、左ストレート、左ローを打ち込む。

スーパーマンパンチの連携から左ハイをヒットさせたスワンソンは、腰高のスタンスでパンチを繰り出すセミザールをダブルレッグダイブでテイクダウン。インサイドガードから左右のパンチを落とし、このラウンドを自らのものとした。

最終回、セミザールの左ハイに対抗するように、右のジャンピングハイを見せたスワンソンだが、ここでバランスを崩し、立ち上がり際にセミザールのヒザを受ける。派手なファイトから一転、勝負どころと見たのかダブルレッグでテイクダウンを奪ったスワンソンは手堅いファイトを心掛ける。

金網を利用し、立ち上がったセミザールが今度はスワンソンの右ミドルをキャッチしてテイクダウン。ギロチンを仕掛け、嫌がったセミザールが後方に重心を移すと同時に立ち上がったスワンソン。再びオクタゴン中央で打ち合いとなるが、ここでも的確にダブルレッグでポイントを稼ぐ。

グラウンド戦には固執せず、スタンドに戻り打撃の攻防のなかで、ことあるごとにテイクダウンを仕掛けるスワンソンだったが、逆に組みついたセミザールがバックに回りグラウンドへ。

立ち上がろうとするスワンソンのワキを差し、トップを奪ったセミザールは後方からパウンドを集中させる。残り1分、ニアマウントからパウンド、さらにバックから拳を落すセミザール。スワンソンはガードに戻すも、セミザールのパウンドを受け続ける。

しかし、パウンドを落としながら最終回を終えたかったセミザールが、パンチに集中しすぎて抑えがルーズになると、スワンソンが立ち上がって最後の10秒間で無酸素状態パンチ交換に。果敢に打ち合う姿勢を見せたセミザールだが、最後の攻防はやや打ち負けた印象を与える。

まさに一進一退を絵にかいたようなファイトは、互いに29-28で一票ずつ獲得すると、最後の一人、日本人ジャッジの上條順一郎氏が29-28でスワンソンを支持。スワンソンが激戦を制した。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY