この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】2人の新王者が誕生、KJはKO勝ち奪うも…

8月21日(土・現地時間)米国テキサス州ヒューストンのトヨタ・センターでは、ストライクフォース「Houston」が開催された。

同大会は、ストライクフォース世界ライトヘビー級選手権試合、王者キング・モー×挑戦者ハファエル・フェイジャォンの一戦をメインに、世界ミドル級王座決定戦として行われたホナウド・ジャカレ×ティム・ケネディ戦、KJ・ヌーン×元TUFファイター、ジョージ・グーゲルの激突、ボビー・ラシュリーの参戦など見所満載のラインナップとなった。

そのメインイベントでは、3Rにフェイジャォンがモーの顔面にヒザ蹴りを2発叩き込むと、マットに崩れ落ちたモーにパウンドを連打、戦闘不能と判断したレフェリーが試合を止め、新王者が誕生した。

また、セミファイナルのミドル級王座決定戦では、テイクダウンからグラウンドへ誘う“らしさ”こそ見せることができなかったジャカレだが、打撃に格段の進化をみせ、パンチでケネディの顔面を腫らし、カットもするなど、5Rを戦い抜き判定勝ち。王座戴冠を果たした。

その他にも、KJ・ヌーンは、グーゲルを相手に切れ味鋭いパンチをはじめ、素晴らしいパフォーマンスを見せたが、自らが放った反則のヒザ蹴りをレフェリーが見過ごすなどお粗末なレフェリングもあり、ファンにとっては消化不良の結末に。さらに、元WWEスーパースターのラシュリーは、チャド・グリッグスから再三テイクダウンをみせたが、そこからの決め手がなく、最後は2R終了時にガス欠で動けず、レフェリーストップを宣告された。

なお、同大会中には、10月9日大会開催アナウンスがあり、ニック・ディアズが世界ウェルター級選手権に出場、女子ウェルター級選手権試合としてサラ・カウフマン×マルース・クーネン戦、ミドル級でルーク・ロックホールド×マット・リンドランド戦が発表された。

マカコが代役出場、ガルバォンと対戦へ
王者キング・モー 「俺はまだまだ青い」
ラシュリー、『2011年王座挑戦』宣言

ストライクフォース世界ライトヘビー級選手権試合/5分5R
[王者]
×キング・モー
(米国)
3R1分14秒
TKO
詳細はコチラ
[挑戦者]
ハファエル・フェイジャォン○
(ブラジル)
ストライクフォース世界ミドル級王座決定戦/5分5R
×ティム・ケネディ
(米国)
5R終了
判定
詳細はコチラ
ホナウド・ジャカレ○
(ブラジル)
ライト級/5分3R
○KJ・ヌーン
(米国)
2R19秒
TKO
詳細はコチラ
ジョージ・グーゲル×
(米国)
ヘビー級/5分3R
×ボビー・ラシュリー
(米国)
2R終了
TKO
詳細はコチラ
チャド・グリッグス○
(英国)
ヘビー級/5分3R
○ダニエル・コーミアー
(米国)
1R1分2秒
TKO
詳細はコチラ
ジェイソン・ライリー×
(米国)
ウェルター級/5分3R
○アンドレ・ガルバォン
(ブラジル)
3R2分45秒
TKO
詳細はコチラ
ジョルジ・パチーユ・マカコ×
(ブラジル)
フェザー級/5分3R
○ヴィニー・マガリャエス
(ブラジル)
3R終了
判定
ロッキー・ロン×
(米国)
PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie