この星の格闘技を追いかける

【UFC85公開計量】アウベスまさかの減量失敗!

2008.06.07

(C)ZUFFABJ・ペン×ショーン・シャークの激闘から、僅か2週間しか経っていないが、今夜(7日・土/現地時間)には、ロンドンのO2アリーナで『UFC85 BEDLAM』が行われる。

【写真】約1・8キロオーバーのチアゴ・アウベス。これはいただけない (C) Zuffa

大会開催前日の6日(金・同)に公開計量が行われ、何とメインイベントに出場するチアゴ・ピッチブゥ・アウベスが4ポンドオーバーで計量をパスできず、174ポンドのキャッチウェイトで、マット・ヒューズと対戦することが決定した。


「これは私がウェルター級王座に返り咲く第一歩」というヒューズに対し、「最高の姿を見せて、マット・ヒューズをKOする」と語ったチアゴ・アウベス。ただし、4ポンド・オーバーはファイターとして失格行為。どれだけベストで戦おうが、計量にパスできなかった事実は大きい。

地元のマイケル・ビスピンの急遽参戦、ターレス・レイチ×ネイト・マーコート、マーティン・カンプマン×ホルヘ・リベラのミドル級、チアゴ・タヴァレス×マット・ワイマンのライト級、そしてファブリシオ・ヴェウドゥム×ブランドン・ベラのヘビー級戦など、粒揃いのラインナップが用意された今大会。

■計量結果と対戦カードは以下の通り

◆メインイベント ウェルター級5分×3R
マット・ヒューズ(米国)170ポンド:77.1キロ
VS.チアゴ・アウベス(ブラジル)174ポンド:78.9キロ

◆第10試合ミドル級5分×3R
マイケル・ビスピン(英国)184ポンド:83.4キロ
VS.ジェイソン・デイ(カナダ)184ポンド:83.4キロ

◆第9試合ウェルター級5分×3R
マーカス・デイビス(米国)170ポンド:77.1キロ
VS.マイク・スウィック(米国)170ポンド:77.1キロ

◆第8試合ミドル級5分×3R
ネイト・マーコート(米国)185ポンド:83.9キロ
VS.ターレス・レイチ(ブラジル)185ポンド:83.9キロ

◆第7試合ヘビー級5分×3R
ファブリシオ・ヴェウドゥム(ブラジル)247ポンド:112kg
VS.ブランドン・ベラ(米国)228ポンド:103.4kg

◆第6試合ミドル級5分×3R
ホルヘ・リベラ(米国)185ポンド:83.9キロ
VS.マーティン・カンプマン(デンマーク)186ポンド:84.3キロ

◆第5試合ライト級5分×3R
マット・ワイマン(米国)155ポンド:70.3キロ
VS.チアゴ・タヴァレス(ブラジル)154.5ポンド:70キロ

◆第4試合ウェルター級5分×3R
ホアン・ジュカォン・カルネイロ(ブラジル)171ポンド:77.5キロ
VS.ケビン・バーンズ(米国)170ポンド:77.1キロ

◆第3試合ライトヘビー級5分×3R
ルイス・カーン(ブラジル)204ポンド:92.5キロ
VS.ジェイソン・ランバート(米国)205ポンド:92.9キロ

◆第2試合ウェルター級5分×3R
ポール・テイラー(英国)169ポンド:76.6kg
VS.イェース・ローダン(英国)169ポンド:76.6kg

◆第1試合ヘビー級5分×3R
アントニー・ハードンク(オランダ)247ポンド:112kg
VS.エディ・サンチェズ(米国)244ポンド:110.6kg

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie