この星の格闘技を追いかける

【TUF Nation Finale】ギャグノン、ボディフック&TDで判定勝ち

2014.04.17

<バンタム級/5分3R>
ミッチ・ギャグノン(カナダ)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
ティム・ゴーマン(米国)

サウスポーの構えから、ゴーマンがオーソに。ローを蹴り込むゴーマン、ボディショットでギャグノンがバランスを崩すが、荒い連打で前に出る。ギャクノンは右ローからボディの連打、ゴーマンは組んでテイクダウンへ、ギロチンで迎え撃ったギャグノンは、一度立ち上がってセットアップし直すと、再び尻餅をついてギロチンへ。

ゴーマンは足をコントロールして、ギャグノンをケージに押し込んで立ち上がる。左ボディショットを連続で見せるギャグノンは、左ストレートを打ち込み、左ハイ、ミドルも連続で蹴り込む。ハイはブロックの上でもテイクダウン狙いを牽制できるかと思いきや、ゴーマンは直後に組みついてギャグノンをケージに押し付ける。残り20秒でブレイクが掛かり、直後にゴーマンの右ストレートがギャグノンの顔面を捉えた。

2R、左ローから左ボディを打ち込み、パンチの連打を繰り出すギャグノンに対し、シングルで組みついたゴーマン。頭を下げて足を組みにいくと、ギャグノンはギロチンへ。一度は頭を抜いたゴーマンは、ケージにギャグノンを押し込むと再びギロチンを仕掛けられる。引き込むようにして頭を抜いたゴーマン、結果的に背中をマットにつける態勢に。足を捌こうとしたギャグノンだが、ゴーマンは後方回転から起き上がる。

ゴーマンの左右のフックに、ヒザを入れたギャグノン。ゴーマンは即、シングルレッグでギャグノンをケージに押し付ける。残り70秒、ブレイクが掛かり両者オクタゴン中央へ。ゴーマンのテイクダウン狙いに、ここもギロチンのギャグノン。引き込んで首を抜かれると、腕十字へ。これを凌いだゴーマンが担いでパス。ハーフから右腕をギャグノンが差し上げたところで2Rがタイムアップに。

3R、打撃から差し上げテイクダウンを決めたギャグノン。ガードを取ったゴーマンは、ここでも後方回転から立ち上がる。ケージに押し込まれたギャグノンはヒザ蹴りをボディに入れ、距離を取り直すと左ボディフックから左右のフックへ。ゴーマンのテイクダウン狙いをがぶったギャグノンは、スタンドへ戻り左フックのダブルから自ら組んでいく。しかし、ゴーマンは体を入れ替え、ギャグノンをケージに押し込む。異様にブレイクの早いレフェリー、左ボディを入れたギャグノンがダブルレッグでクリーンテイクダウンを奪う。

ハイガードのゴーマン、ギャグノンは左エルボーを落す。ゴーマンの三角狙いを凌ぎながらパンチを落すギャグノンがそのままトップをキープし、最後に足は払って思い切りパンチを落したところで試合終了を迎えた。打撃だけなく、テイクダウンでも試合をリードしたギャグノンがフルマークの判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY