この星の格闘技を追いかける

【PXC42】オープニングマッチでジョーンズがグアム対決を制す

2014.03.01

<ライト級/5分3R>
タイロン・ジョーンズ(グアム)
Def.3-0
ジョシュ・ムーニャ(グアム)

オーソドックスのジョーンズとサウスポーのムニョス。右アッパーから前に出るジョーンズ、組みついたムーニャが強引にスープレックスを狙うが、潰したジョーンズがトップポジションを奪う。一度はサイドポジションを奪うジョーンズだが、ムーニャが足関節を狙うような動きで立ち上がる。左右のフックで突進するムーニャ。逆にジョーンズが左フックでぐらつかせ、右を伸ばして前に出る。ムーニャもサイドキック、左ハイキック、かかと落としで応戦。ジョーンズが右ミドルを連打する。ムーニャがバックについて投げを狙うが、ジョーンズも倒れない。

2R、ムーニャが蹴り、ジョーンズがパンチを見せる攻防の中、組みついたジョーンズがバックコントロール。そのままトップポジションを奪うと、暴れるムーニャを抑え込んでパンチを落とす。しかしジョーンズのパンチが大振りになったところでムーニャに立ち上がり左ハイキックを2発。ジョーンズが前に出るとムーニャはケージまで後退する。バックキックを見せて会場を沸かせるムーニャだが、両手を下げるなどスタミナ切れか。そこにジョーンズは右フックからコツコツとパンチを当てる。終了間際に意を決したようにタックルで飛び込むムーニャだがテイクダウンは出来ず。ラウンド終了で自陣コーナーに戻るとそのまま両手・両膝をマットについた。

3R、下がりながら蹴りの大技を狙うムーニャ。ジョーンズは右フックと右ヒジを当て、組みつくと豪快に持ち上げてテイクダウンを奪う。サイドポジションで抑え込むジョーンズだが、簡単に立ち上がられてしまう。ここからスクランブルの攻防になり、上のポジションを取りかけるムーニャ。しかし自らレッグロックを仕掛け、結果的にジョーンズにトップキープを許す。ハーフガードのジョーンズはボディにヒジ打ちを連打し、ムーニャの動きが止まる。このままジョーンズがフィニッシュするかに思われたが、ジョーンズもムーニャのブリッジ一発でリバーサルを許す。両者立ち上がり、スタンドの攻防へ。右ストレートから連打をまとめてジョーンズがケージ際でムーニャをテイクダウン、パウンドで攻め立てるも試合終了。トップキープから簡単にエスケープを許したジョーンズだが判定で勝利を収めた。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF