この星の格闘技を追いかける

【BFC19】アスクレン×トーマス、準決勝で決着戦

BFC20日(木・現地時間)に、前週のルイジアナ州モンローに続きテキサス州グランドプレーリーという小都市でイベントを開催するベラトールFC。ウェルター級トーナメント準決勝が行なわれるBFC19の公開計量が、19日(水・同)に行なわれた。

【写真】前回の対戦でストップがかかった瞬間、ご覧のような表情を浮かべたライアン・トーマス。勝者ベン・アスクレンに罪はないが、遺恨が生まれて然りのミスジャッジだった (C) BFC

ダラスとフォートワースの近郊都市、グランドプレーリーのベライゾン・シアター(収容人員6500)で開催されるBFC19。ウェルター級トーナメント準決勝=ダン・ホーンバックル×スティーブ・カール、ベン・アスクレン×ライアン・トーマスの2試合に加え、BFC世界フェザー級王者ジョー・ソトのノンタイトル戦がマッチアップされている。

フェザー級でウィルソン・ヘイス、ライト級でロジャー・フエルタが敗れる波乱が起きたBFCシーズン2。ウェルター級でも本命ホーンバックルの勝利は堅いと見られているが、何が起こるか分からないというのは、既に二つの階級で証明されている。


ただ、波乱必至のトーナメント・フォーマットにあって、ウェルター級は既に波乱が起こっているという見方ができる。アスクレンとトーマスの両者は、既に4月15日(木・同)に一回戦で対戦しており、アスクレンのギロチンで一応は決着を見ている。しかし、この時トーマスはタップをしておらず、また失神したわけでもない。いわゆるレフェリーの誤審で試合は決したことになる。

憤懣やるかたない表情で、試合続行をアピールして拒絶されたトーマスだが、格闘の女神は彼を見捨てていなかった。この翌週に同トーナメント出場予定だった英国のジム・ウォルヘッドがアイスランドで起きた火山の噴火でフライトがキャンセルとなり、トーマスが急遽出場。2週連続のファイトとなったが、ジェイコブ・マックリントックをパウンドで下し、再びアスクレンと顔を合わせることとなった。

北京五輪USレスリングチームの一員だったアスクレンは、再戦を声高にアピールしていたトーマスに不快感を露わにし、「俺が黙らせる前に、彼は自分でその口を閉じるべきだ」と発言。これに対し、トーマスは「奴はMMAでは何の実績も残していない。俺を含め、誰も倒していない。それなのに、なぜあんなに不遜な態度が取れるんだ。今のMMAにあって、一つのことしかできないってことを明らかにしてやる」と、さらにエキサイティング度を増している。

Soto【写真】ライト級&ミドル級王座に続き、ノンタイトル戦に出場するBFC世界フェザー級王者ジョー・ソト。アルバレスやロンバードのように王者の威厳を元UFCファイターに見せることができるだろうか (C) MMAPLANET

エディ・アルバレス、ヘクター・ロンバードに続き、王者のノンタイトル戦シリーズは、フェザー級チャンピオン=ソトのお目見えとなる。アルバレスとロンバード、二人の王者がUFCベテランと対したように、ソトもまたUFCで3試合の経験があるディエゴ・サライバとの対戦となった。

フォルタレーザ出身、アトランタ在住のブラジリアンファイターは、UFCでは0勝3敗と結果を残すことはできなかったが、うち1試合はベストファイトナイト賞を獲得している。もともとライト級では小柄なサライバは、その後もライト級でキャリアを重ねたが、元PFC世界ライト級王者ブライアン・コッブ、現WEC世界ライト級王者ベン・ヘンダーソンに敗れ、フェザー級転向を果たした。その後は実に6連勝中と波に乗っており、王者超えを虎視眈々と狙っている。

王者ソトが8戦のMMAキャリアなのに対し、27試合も経験しているサライバ。トーナメント優勝者が王座挑戦を果たすイベント・フォーマットの欠点をつき、ノンタイトル戦でのアップセットを見せる可能性も十分にある。

■BFC19 主な計量結果は下記の通り

<フェザー級/5分3R>
ジョー・ソト:145.8ポンド(66.1キロ)
ディエゴ・サライバ:145.8 ポンド(66.1キロ)

<ウェルター級トーナメント準決勝/5分3R>
ベン・アスクレン:170.4ポンド(77.2キロ)
ライアン・トーマス:170.6ポンド(77.3キロ)

<ウェルター級トーナメント準決勝/5分3R>
ダン・ホーンバックル:170ポンド(77.1キロ)
スティーブ・カール:170.6ポンド(77.3キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ティ・リー:256.8ポンド(116.5キロ)
スコット・バーネット:262.8 ポンド(119.2キロ)

<UFCオクタゴン・プレイセット>
UFCオフィシャル・スケール・デラックス・オクタゴン・プレイセットが登場!
スポンサー名入りマット&コーナー、カメラ、実況席、リングインステップ他、組み立て部品総計45ピースでオクタゴン原寸サイズをミニチュア版で再現!

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie