この星の格闘技を追いかける

【UFC170】初陣対決は、TD奪ったチャベスがスプリットで制す

2014.02.23

<ライト級/5分3R>
アーネスト・チャベス(米国)
Def.2-1: 28-29, 29-28, 30-27
ヨスデニ・セデーニョ(キューバ)

UFCデビュー戦同士の対戦。空手の構えに近いセデーニョが、右ローを2発放つ。さらに右ローを続けるセデーニョは、左ローを空振りにチャベスの大きな振りのフックをよけて、大きく距離を取り直す。思い切り踏み込んで、低い姿勢から右の突きを見せたセデーニョ、これが当たり損ねるとサウスポーに構える。すぐにオーソに戻したセデーニョは、右ローへ。チャベスはケージ際でパンチから組みにいくが、セデーニョが左へ回り込んでかわす。

サウスポーから勢いのある左ハイを見せるも、これも空振りとなったセデーニョはチャベスの組みの間合いを外すも肩で息をし始めている。後ろ回し蹴りをキャッチしたチャベスがテイクダウンからサイドを奪取。チャベスは残り40秒でマウントに移行すると、背中を見せたセデーニョからバックマウントへ。しかし、セデーニョに立ち上がり胸を合わすことを許し、ダメージを与えることはできなかった。

2R、セデーニョが思い切り右オーバークロスを振るうも空振りに。右ハイもわずかだが、高さが合わなかったセデーニョは、組まれてテイクダウンを許してしまう。ニーインザベリーからチャベスはパンチを落とし、しっかりとサイドで固める。セデーニョはケージを蹴るが、ポジションを返すことができない。マウントを取られたセデーニョは、ブリッジから起き上がり試合はスタンドへ戻る。チャベスはそのまま組んで、セデーニョをケージに押し込む展開が続く。残り1分を切り、レフェリーがブレイクを命じると、セデーニョはローにチャベスのパンチを合わされそうになり、サークリングを続ける。サイドキックを見せるも、間合いが取れず勢いのある蹴りが出せないようになったセデーニョだった。

3R、セデーニョは構えを変え、突き見せて左右に動くも間合いを詰められていく。チャベスは右ローからパンチのプレッシャーを強める。回り続けるセデーニョは蹴りが全くなくなり、自ら組みついてケージにチャベスを押し込む。体を入れ替えたチャベスは、時間を変えて押し込む。残り2分を切ってブレイクを命じられると、セデーニョが左のハイを見せるも空振りに。直後に開き直ったかのようにブロックの上からだが、左右のハイを勢いよく蹴り込んでいく。

さらに勢いのある右ローを入れたセデーニョだが、チャベスの左ジャブを受ける。試合終了間際にチャベスが組んでセデーニョをケージに押し込んだが、テイクダウンは奪えず試合はタイムアップに。2Rはチャベス、1Rと3Rは微妙なラウンド、結果はスプリットでチャベスがUFC初戦を勝利した。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY