この星の格闘技を追いかける

【Strikeforce】只ならぬ緊張感、サイボーグ×クーネン

サイボーグ×クーネン (C) MMAPLANET明日、30日(土・現地時間)に開催されるStrikeforce「Miami」の公開計量が29日(金・同)、イベント会場となるフロリダ州サンライズのパンクアトランティック・センターで行なわれた。

【写真】両者の間には1メートルほどの距離がおかれていたが、睨みつけるクリスチャン・サイボーグと、見下すような視線を見せたマルース・クーネン。30秒ほど睨みあったため、計量会場はもの凄い緊張感に包まれた (C) MMAPLANET

メインに出場するファイターからスケールに乗った公開計量。セミのストライクフォース女子世界ライト級王者クリスチャン・サイボーグに挑戦するマルース・クーネンが無表情で体重計へ。無事パスを確認すると、カメラマンへのポーズで初めて笑顔を浮かべる。

一方、王者サイボーグは体重計の上で笑顔でポーズを取ったが、ステージ中央で向かい合うように指示を受けると、一瞬でその表情が険しくなる。そして、徐々に歩を進めると、冷静に見えたクーネンまでもが、冷たい視線ながら戦意を露わにし、一触即発という危険なムードに。


この日の計量で一番の緊張感を見せた両者。その後、テレビクルーの取材を受ける際にサイボーグは笑顔を見せ、クーネンもATT所属の女子ファイター=ジェシカ・アギラーと写真に収まるなど、リラックスした様子で計量会場を後にした。とはいえ、計量のステージの上でただならぬ雰囲気を醸し出した両者、明日の世界戦は激しい試合になりそうだ。

マリウス・ザロムスキー (C) MMAPLANET【写真】米国初上陸のDREAMウェルター級王者は、上背でニック・ディアズに劣るが、肉厚で勝り、小さいという声を一蹴した (C) MMAPLANET

メインで世界ウェルター級王座決定戦に挑むマリウス・ザロムスキー。彼の姿を始めて目にする米国の記者からは、一様に「小さい」という印象を持たれていたが、計量の際に見せた上半身の肉厚で、そんな声を一掃してみせた。

そのザロムスキーと戦うニック・ディアズは、「俺はケージよりリングの方が好きなんだ。DREAMはリングを使い続けるのか? それならこの階級で日本で戦いたい」と、らしい自由奔放なコメントを残している。

その他、ボビー・ラシュリーとハーシャル・ウォーカーの見事なボディに驚嘆の声が挙がった計量会場だったが、一番の声援を集めたのは、ATTから多くのサポーターが訪れたアンダーカード出場のマルコ・パフンピーニャ・ダマッタだった。

■Strikeforce Miami主な計量結果

<世界ウェルター級王座決定戦/5分5R>
ニック・ディアズ:169.5ポンド(76.8キロ)
マリウス・ザロムスキー:169ポンド(76.6キロ)

<女子世界ライト選手権試合/5分5R>
クリスチャン・サイボーグ:144.5ポンド(65.5キロ)
マルース・クーネン:143.75ポンド(65.2キロ)

<ミドル級/5分3R>
メルビン・マヌーフ:185.75ポンド(84.2キロ)
ロビー・ローラー:185.75ポンド(84.2キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ハーシャル・ウォーカー:214.25ポンド(97.1キロ)
グレッグ・ネギー:210.5ポンド(95.4キロ)

<ヘビー級/5分3R>
ボビー・ラシュリー:252.25ポンド(114.4キロ)
ウェズ・シムズ:258.25ポンド(117.1キロ)

<ウェルター級/5分3R>
ジェイ・ヒエロン:170.25ポンド(77.2キロ)
ジョー・リッグス:170.5ポンド(77.3キロ)

<140ポンド契約/5分3R>
パブロ・アルフォンソ:139.25ポンド(63.1キロ)
マルコ・パフンピーニャ・ダマッタ:139.75ポンド(63.3キロ)

<UFCチャンピオンベルト>
UFCチャンピオンベルト、WECチャンピオンベルト、マウスパッドなど、ファン必見のグッズが続々登場! 価格はなんと、1,260~3,990円(税込)と超お買い得!売り切れ御免の早い者勝ち!!
PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie