この星の格闘技を追いかける

【Titan FC54】試合結果 ダナ・ホワイト御前試合でソアレス、アウベス、バーンズ弟がフィニッシュ勝利

Titan FC54【写真】ピンチがあったことで、この勝利が映えることとなったソアレスだが、UFC入りはあるのか(C)TITAN FC

26日(金・現地時間)、フロリダ州フォートローダーデール
エクストリーム・アクションパークでTitan FC54「Soares vs Hutchinson」 が行われた。

Dana White look'n for a fightダナ・ホワイトとマット・セラの「ダナ・ホワイト・ルッキン・フォー・ア・ファイト」コンビが、翌日のUFN150を控え会場で大会を視察し、上位カード出場選手が勝ってアピール合戦となった今大会。

メインでは急遽出場となった挑戦者アリストン・フランカが、守り一辺倒のファイトで勝ってもインパクトを残せない展開になっていたタイタンFCフェザー級王者ジェイソン・ソアレスだったが、ヒザ蹴りを受けてKO負け寸前のところまで追い込まれる緊急事態に。このピンチを切り抜け、逆転王座防衛となったソアレスだが、ダナはどのように判断したか。

Alvesセミのライト級暫定王座決定戦ではハファエル・アウベスが、体操選手が戦っているかのような躍動ファイトから右フックでフィリッピ・ドウグラスをKOし、彼もまた当然のようにUFC行きを強く訴えかけた。

BurnsONEからタイタンに戦場を移して2戦目を迎えたエウベウ・バーンズは、前タイタンFCフェザー級王者ルイス・ゴメスに圧勝。

最初のテイクダウンからバックを奪取し、RNCで一本勝ち。翌日にUFN150で実兄ドゥリーニョ・バーンズもRNCで勝利することなるエウベウは、兄弟同時出場を売り込んだ。


Titan FC54「Soares vs Hutchinson」
<Titan FCフェザー級選手権試合/5分5R>
○ジェイソン・ソアレス(米国)4R2分16秒
TKO
詳細はコチラ
×アリストン・フランサ(ブラジル)
<Titan FC暫定ライト級王座決定戦/5分5R>
○ハファエル・アウベス(ブラジル)2R2分18秒
TKO
詳細はコチラ
×フィリッピ・ドウグラス(ブラジル)
<フェザー級/5分3R>
○エウベウ・バーンズ(ブラジル)1R2分24秒
RNC
詳細はコチラ
×ルイス・ゴメス(キューバ)
<ミドル級/5分3R>
○アンドレアス・メケイリディス(ギリシャ)1R4分26秒
TKO
詳細はコチラ
×マルセル・フォーチュナ(ブラジル)
<ライト級/5分3R>
○ベビット・ナザロフ(カザフスタン)3R
判定
×トーマス・ウェッブ(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○アンジュ・ルーサ(スイス)3R
判定
×コリン・ルバーツ(米国)
<ウェルター級/5分3R>
○マーク・スティーブンス(米国)2R4分41秒
KO
×コータス・スティット(米国)
<フェザー級/5分3R>
○ディラン・サルバドール(フランス)3R1分04秒
アナコンダチョーク
×ケニー・ポーター(米国)
<バンタム級/5分3R>
○マット・ワーギー(米国)3R
判定
×エディル・テリー(ベネズエラ)
<ライト級/5分3R>
○シャヒーン・サンタナ(米国)2R1分55秒
ギロチンチョーク
×マルコ・シモンズ(米国)
<フェザー級/5分3R>
○ムハマジョン・ナミモフ(タジキスタン)3R
判定
×ランドン・キニョネス(米国)
<女子バンタム級/5分3R>
○ローレン・ベンジンガー(米国)1R3分36秒
TKO
×ルーシー・ベルト(フランス)
<ヘビー級/5分3R>
○サッド・サーマ(米国)3R
判定
×ジミー・ローソン(米国)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gokikai Karate