この星の格闘技を追いかける

お蔵入り厳禁【Pancrase303】田中半蔵を100秒でKOした堀江圭功「パンクラスの王者になってUFCへ」

Horie【写真】一点の曇りもない。それが堀江の言葉であり、目の輝きだ (C)MMAPLANET

3月17日(日)に東京都江東区のスタジオコーストで開催されたPancrase303で、堀江圭功が田中半蔵を僅か100秒でKOした。

カウンターの右フック一発で、田中を倒した堀江。試合前のインタビューではUFCで戦うという目標を高らかに語っていた彼は、パンクラスで王者になるとONEと契約というパートナーシップが発表されたことをどう捉え、この大切な一戦に挑んでいたのか。

お蔵入り厳禁!!  KO勝ち直後に尋ねていた──堀江が見据えている将来像とは!


──素晴らしいKO勝ちでした。

「ありがとうございます」

──右1発で試合を決めました。

「決まった感覚もあって、気持ち良かったです。思った以上にプレッシャーを掛けることができたので、自分の距離で戦うことができました」

──テイクダウン狙いもただ切るだけでなく、力強く切ったことで田中選手も簡単に組めなくなった。そんな効力もあったかと思いました。そして思い切り打撃を振るうことができたのかと。

「テイクダウンをされないことは自信がありましたし、倒されても立てると思って戦っています。絶対に切れる自信があったので、それほど組みを警戒することなく戦えるんです」

──蹴りを使わなかったのは何か理由があったのですか。

「本当は蹴りも出していこうと思っていたのですが、田中選手からカウンターのプレッシャーが感じられたので、蹴りは出しづらくなっていました」

Horie KO──最後は田中選手の踏み込みに対し、堀江選手も踏み込み、かなり近い距離で右を振り抜けたということでしょうか。

「自分ではあの距離が近いか、遠いかは分かっていなかったのですが、カウンターとして相手の打ってきたところは狙っていました」

──試合前からUFCへ行きたいと宣言していましたが、その後の会見でパンクラスのチャンピオンはONEと契約することになるということが発表されました。何か精神的に影響することはなかったですか。

「最初はマジか!!と思いました。でも、しっかりと記事を読めば酒井さんはチャンピオンになっても強制的ではないという風な感じで言っていてくれたので」

──本当にそういう風に受け取れることができましたか(笑)。

「そうですね(苦笑)……。あのう、ハイ。取りあえず自分ができることは、この試合で圧倒的に勝たないといけないということで、目を瞑るとUFCという場を思い浮かべてやってきました。パンクラスのチャンピオンになってUFCに行きたいです。酒井さんの言葉は強制的じゃないと自分は思っています」

──その目標を実現させるために、どのような相手と戦っていきたいですか。

「誰というのはないですが、強い相手を圧倒して倒さないとUFCでは通用しないと思っています。そうですね、外国人選手でも日本人選手にしても勝ちに拘って戦うこと。それが自分がやっていかないといけないことです」

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie