この星の格闘技を追いかける

【KSW47】試合結果 チャンプ対決はデフリーズが防衛成功。石井慧は裁定こそスプリット判定ながら快勝

KSW47【写真】判定は割れ、石井は安堵の表情を浮かべて右手を挙げられた(C)KSW

23日(土・現地時間)、ポーランドはウッチのアトラス・アリーナでKSW47「The X-Warriors」が開催された。

メインのチャンプ×チャンプ対決、ライトヘビー級王者トマス・ナルクンがヘビー級王者フィル・デフリーズに挑戦した一戦は、デフリーズがテイクダウン&トップコントロールで毎ラウンドを取り、王座防衛に成功。ミドル級王者時代、王座を返上した後のマメッド・ハリドヴに2度勝利し、ポーランドMMA界のエースとなっていたナルクンだが、最重量級王者の壁は厚かった。

KSW初登場となった石井慧は、元ヘビー級王者フェルナンド・ホドリゲスと対戦。打撃を見せて組みつきケージ際で倒せないという状態も多かったが、そこからのテイクダウン、さらにダウンを奪った打撃など優勢に試合を進めた。結果、3Rには足を使って流すこともでき──裁定こそスプリットだったが、快勝といえる内容でKSW初戦を判定勝ちで終えている。


KSW47「The X-Warriors」
<KSWヘビー級選手権試合/5分5R>
○フィル・デフリーズ(英国)5R
判定
詳細はコチラ
×トマス・ナルクン(ポーランド)
<ヘビー級/5分3R>
○シモン・コウェッツ(ポーランド)1R4分29秒
TKO
×マリウス・プシャノウスキー(ポーランド)
<ウェルター級/5分3R>
○ノーマン・パーク(英国)3R
判定
詳細はコチラ
×ボリス・マンコフスキー(ポーランド)
<ヘビー級/5分3R>
○石井慧(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×フェルナンド・ホドリゲス(ブラジル)
<ミドル級/5分3R>
○アレクサンダー・イリッチ(セルビア)3R0分32秒
KO
詳細はコチラ
×ダミアン・ヤニコフスキ(ポーランド)
<フェザー級/5分3R>
○マルチン・ロゼク(ポーランド)3R
判定
×クシシュトフ・クラチェク(ポーランド)
<女子フライ級/5分3R>
○カロリーナ・オフタッシュ(ポーランド)3R
判定
×マルタ・ホイノスカ(ポーランド)
<ライト級/5分3R>
○マチェイ・カジェスコ(ポーランド)3R
判定
×バルトミ・コペラ(ポーランド)
<バンタム級/5分3R>
○パウェウ・ポリティウォ(ポーランド)2R3分52秒
TKO
×ダウィド・グラルカ(ポーランド)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday