この星の格闘技を追いかける

【KSW47】ウェルター級転向のパークが、元王者マンコフスキーとの激闘で判定勝ち取る

<ウェルター級/5分3R>
ノーマン・パーク(英国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ボリス・マンコフスキー(ポーランド)

ワンツーを放ったマンコフスキーが、パークの左ミドルをキャッチして軸足払いでテイクダウンを奪う。すぐに立ち上がったパークをケージに押し込んだマンコフスキーは、離れてローを続ける。三日月気味の前蹴りを入れるパークだが、マンコフスキーがフックにアッパーを織り交ぜ、手数が圧倒する。ガードを固めるパークのボディを打ち、ガードの上からもフックを打ち込み、ガードの間からマンコフスキーがアッパーを突き上げる。飛びヒザをくりだし、手数が衰えず右フックを2発放ったマンコフスキーは、動きが固まるパークにさらにフック、アッパー、前蹴りを繰り出す。

鼻血を流すパークは左ミドルを蹴るが、腹と顔面を打ち分けられ厳しい状態が続く。近距離でもボディフックを入れたマンコフスキーに対し、パークがシングルからテイクダウン、スクランブルでバックに回ったところで初回が終わる。

2R、パークの左ミドルをさばいたマンコフスキーが、前に出ながら左フックを当てる。続いて右フックを入れたマンコフスキーだが、パークも左を当て返す。マンコフスキーの突進からのダブルレッグを切ったパークは、手数は減らないがやや踏み込みが弱くなってきたマンコフスキーに、ダブルレッグで崩される。立ち上がって離れたパークは左アッパー、マンコフスキーは左フックを振るうが、明らかにスピードが落ちてきた。

パークは左ボディフック、左ミドルを入れると右を当て、左を伸ばす。マンコフスキーはそれでもパンチを打ち続けるが、ダブルレッグからバックを許す。前転で逃げたマンコフスキーがガードを取り、2Rが終了となった。

最終回、ポイントでは劣勢も逆転の芽は十分に残っているパークが切れのある左ローを蹴っていく。続いて右ジャブ、左前蹴りを入れるパークがさらに左ミドルを当てる。マンコフスキーはテイクダウン狙いを切られ、左ボディを再び被弾。動きはするが、攻撃には結びつかなくなったマンコフスキーは、ダブルレッグを切られバックを許さまいとガードを取る。ラバーガードを狙うマンコフスキーにエルボーを落とすパークはスクランブルでバックへ。前転してヒザ十字を狙ったマンコフスキーを潰し、レッグドラックからパークがサイドを取る。フルガードに戻したマンコフスキーは完全にガス欠で、左右のエルボーを被弾する。

残り30秒、再び左右のエルボーをパークが打ちつけ、左のエルボーを連打しタイムアップを迎えた。そしてジャッジは3者ともパークの勝利を支持した。元ウェルター級王者を破ったパークは、大興奮しケージに昇り雄叫びを挙げた。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday