この星の格闘技を追いかける

【ONE85】試合結果 猿田洋祐が緊急出場で元世界王者アレックス・シウバを破る。V.V Meiもしっかり勝利

ONE85【写真】スクランブル発進で、将来へのドアが開く勝利を挙げた猿田(C)ONE

7日(金・現地時間)、マレーシアのクアラルンプールはアシアタ・アリーナでONE85「Destiny of Champions」が開催された。

本来、日本から4選手が出場予定だった同大会。大会当日になり竹中大地の対戦相手ケビン・チュンが体重オーバーで欠場が決まり、竹中の試合は9月の上海大会に続き流れてしまった。

約2週間の準備期間で元世界ストロー級王者アレックス・シウバと対戦した修斗ストロー級世界チャンピオン猿田洋祐は勝負どころでテイクダウン、がぶってヒザという攻撃を見せ判定勝ちでONE初陣を飾る。

V.V Mei同じくONE初戦となった新村優貴は元ミドル級王者ヴィタリー・ビグダシュの圧力を切り崩せず、テイクダウンを許すとパウンドからバックを奪われる。最後は後ろ三角に屈した。

3月の東京大会でタイトル挑戦を実現するためには、勝利が絶対なV.V Meiはプレリミ出場となり、フィリピンのジョマリー・トーレスと対戦。テイクダウンからグラウンドの打撃、特にヒザ蹴りが冴え渡り判定ながら圧勝した。


ONE85「Destiny of Champions」
<ムエタイ・フェザー級/3分3R>
○ヨーセンクライ・IWE・フェアテックス(タイ)1R2分08秒
KO
×ルイス・レジス(豪州)
<ウェルター級(※83.9キロ)/5分3R>
○キャムラン・アバソフ(キルギス)1R2分35秒
RNC
詳細はコチラ
×アギラン・タニ(マレーシア)
<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
○ジーヒン・ラッドゥアン(マレーシア)3R
判定
詳細はコチラ
×ジェニファー・フアン(台湾)
<ムエタイ・フェザー級/3分3R>
○ペットモラコット・ペッチンディーアカデミー(タイ)2R2分35秒
KO
×リアム・ハリソン(英国)
<ミドル級(※93.0キロ)/5分3R>
○ヴィタリー・ビグダシュ(ロシア)1R4分24秒
後ろ三角
詳細はコチラ
×新村優貴(日本)
<ストロー級(※56.7キロ)/5分3R>
○猿田洋祐(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×アレックス・シウバ(ブラジル)
<ムエタイ・フライ級/3分3R>
○パンピャック・シットムアンノン(タイ)3R
判定
×ルイ・ボテーリョ(ポルトガル)
<ムエタイ・バンタム級/3分3R>
○モハマド・ビン・マムフード(マレーシア)1R2分20秒
KO
×ステルゴス・ミッキオス(ギリシャ)
<女子アトム級(※52.2キロ)/5分3R>
○V.V Mei(日本)3R
判定
詳細はコチラ
×ジョマリー・トーレス(フィリピン)
<フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
○アブロ・フェルナンデス(東ティムール)2R4分06秒
TKO
×チャン・ロタナ(カンボジア)
<女子フライ級(※61.2キロ)/5分3R>
○ソヴァナリー・エム(カンボジア)1R1分21秒
TKO
×イリーナ・キセロヴァ(ウクライナ)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday