この星の格闘技を追いかける

【KSW46】試合結果 KSWも北米化?! クレベル・コイケがマテウス・ガムロに完封され王座獲得ならず

KSW46【写真】クレベルはフェザー級王者返り咲きならず……(C)KSW

1日(土・現地時間)、ポーランドはグリビツェのアレナ・グリビツェでKSW46「Narukun vs Kharidov 2」が行われた。

Narkun1万5000人の観客を集めた同大会のメインはKSWライトヘビー級王者とトマス・ナルクンが、ポーランドMMA界のレジェンド=間エッド・ハリドヴと9カ月振りの再戦に挑み判定勝ちで返り討ちし、世代交代を印象付けた。

日本から出場のクレベル・コイケは、現KSWライト級王者マテウス・ガムロと昨年12月に体重オーバーで剥奪されたフェザー級のベルトを取り戻すべき王座決定戦に挑むも完敗。これまで打撃は打撃、グラウンドはグラウンドとどの局面でも攻防が見られたKSWにおいて、ガムロは寝技を拒否するというファイトを展開し、打撃とクレベルのガードに付き合わず立ち上がるというファイトでフルマークの判定勝ちを収めた。

ゴリゴリ・ガツガツ、寝技が長いという特徴があったKSWも北米化の風が吹いてきたかもしれない。また80キロキャッチウェイト戦に出場したウェルター級王者ロベルト・ソルディッチはヴィニシウス・ボウレに圧巻のKO勝ちを収めている。


KSW46「Narukun vs Kharidov 2」
<92キロ契約/5分3R>
○トマス・ナルクン(ポーランド)3R
判定
詳細はコチラ
×マメッド・ハリドヴ(ポーランド)
<KSWフェザー級王座決定戦/5分5R>
○マテウス・ガムロ(ポーランド)5R
判定
詳細はコチラ
×クレベル・コイケ(ブラジル)
<フェザー級/5分3R>
○サラディーヌ・パルナス(フランス)3R
判定
詳細はコチラ
×マルチン・ロゼク(ポーランド)
<80キロ契約/5分3R>
○ロベルト・ソルディッチ(クロアチア)1R4分33秒 KO
詳細はコチラ
×ヴィニシウス・ボウレ(ブラジル)
<67.2キロ契約/5分3R>
○ロマン・ジュマンスキ(ポーランド)3R
判定
詳細はコチラ
×ダニエル・トーレス(ブラジル)
<ライト級/5分3R>
○マリアン・ジュコフスキ(ポーランド)3R
判定
×グシェゴシュ・ジュラコウスキ(ポーランド)
<ライト級/5分3R>
○アルトゥル・ソウィンスキ(ポーランド)3R
判定
×カミル・スミゾウスキ(ポーランド)
<バンタム級/5分3R>
○アントゥン・ラチッチ(クロアチア)3R
判定
×セバスチャン・シュブシュ(ポーランド)
<ウェルター級/5分3R>
○クリスチャン・カスボロウスキ(ポーランド)1R2分14秒
TKO
×ミハウ・ミハウスキ(ポーランド)
PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday