この星の格闘技を追いかける

【Pancrase300】秋葉のカウンターに、手数&圧力で上回った翔兵が判定勝ち

<フライ級/5分3R>
翔兵(日本)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
秋葉太樹(日本)

右ローを蹴る翔兵は、時折りスイッチを見せる。秋葉は翔兵の前進に間合いを保ち、カウンターを狙う。翔兵も体を低く沈めてから右を狙うなど、果敢に前に出る。前足の左でも蹴りを繰り出す翔兵の前進に対し、秋葉は前後の動きで対応する。左ミドルを入れた秋葉は、翔兵の左フックにボディを腹に蹴り込んだ。初回は自ら動く翔兵がジャッジ2名から10-9を手にした。

2R、リアクションでなくアクションが必要な秋葉は、翔兵のフックにヒザを再び蹴り、パンチにつなげる。翔兵が踏み込むと左フックを被せていく秋葉は組まれると、自ら前転するように動いてスタンドへ即戻る。ここで距離が近づき、両者がフックを打ち合う。一旦、間合いを取った翔兵が右をヒットさせ、秋葉のテイクダウンを切る。逆に押し込もうとした翔兵が離れる。互いに左フックを振るっていくが、前手の翔兵の方が威力が感じられる。

自分から出たい秋葉だが、翔兵の動きに反応するという攻撃が続き、なかなかクリーンヒットがない。右ストレートは反応してバックステップにかわすなど、先手を取って戦った翔兵が3-0のラウンドとした。

最終回、翔兵の前進に右を合わせようとした秋葉は、ボディや左フックで翔兵の踏み込みを止めようとする。しかし、ややパンチを大きくなったところで翔兵のパンチを被弾しバランスを崩す場面も。秋葉は右から左を打っていくと、翔兵も足を止めての打ち合いに応じて一歩も引かない。その翔兵の前進にワンツーを入れた秋葉は下がりつつもショートのワンツーを繰り出す。

最終回は精度で上回った秋葉だが、残り30秒で翔兵は組んでケージに押し込み、細かいパンチで試合をまとめた。結果、翔兵が3-0で判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

JBJJF

ONE DAY