この星の格闘技を追いかける

【Brave CF16】ラカイのクリスコルトンがレスリング&柔術でアイードから判定勝ち

<フライ級/5分3R>
ジョン・クリスコルトン(フィリピン)
Def.3-0:30-27.30-27.30-27
フセイン・アイード(バーレーン)

オープニングバウトはラカイのクリスコルトンがバーレーンのキャリア1勝0敗のアイードと対戦。クリスコルトンの前蹴りに右を返し、左フックを当てたアイード。クリスコルトンは組んでケージに押し込んで、リフトアップから豪快にスラムで叩きつける。立ち上がったアイードは離れたクリスコルトンに右をヒットさせるも、ダブルレッグからの小外刈りで再びマットに背中をつかされる。ハーフのアイードがリバーサルを狙い、クリスコルトンが耐えエルボーを落とす。

ケージ際に移動したアイードがハイガードから三角絞めへ。これを防いだクリスコルトンがパンチを落とす。ケージを蹴って足をすくい腕十字に入ったアイード。下になりかけたクリスコルトンが腕を抜いて立ち上がり、ワキを潜ってバックへ。引き込んだアイードからマウントを奪い、エルボーを連打したクリスコルトンが腕十字を仕掛けたクラッチが外れたところで初回が終わった。

2R、アイードはローを蹴りクリスコルトンのダブルレッグテイクダウンを切る。シングルに切り替えたクリスコルトンはハイクロッチからテイクダウンに成功する。アイードもケージを背負って立ち上がるが、再びシングルで尻もちをつかされてしまう。スイープ狙いから立ち上がったアイードはシングルをキムラで耐えるも、クリスコルトンは執拗にハイクロッチやシングルでテイクダウンを狙い続ける。

相四つからシングルに出たクリスコルトンは、腰をコントロールしてテイクダウンに成功する。ガードの中でパンチを落とし、クリスコルトンが足を一本抜いたところで何とレフェリーがブレイクを命じる。スタンドで再開されると、アイードが組んでテイクダウン狙いに。ダブルレッグでクリスコルトンを倒したアイードはハーフjからパンチを落とす。左ワキを差し、シングルに出たクリスコルトン。ここで2Rが終わった。

最終回開始直後にダブルレッグでテイクダウンを奪ったクリスコルトンに対し、アイードはギロチンへ。これを解いて三角絞めを狙うが、クリスコルトンが担ぎパスへ。サイドで抑えるクリスコルトンはエルボーを打ち付け、エビのアイードを制する。右足でサイードを跨ぎマウントを奪取したクリスコルトンだが、またもやレフェリーが信じられないブレイクを命じる。

すぐに組んだクリスコルトンはケージにアイードを押し込みハイクロッチへ。ダブルレッグからアンクルピックで倒されたアイードがキムラを狙う。クラッチして耐えるクリスコルトンが逆に立ち上がりながらキムラへ。そのまま胸を合わせてダブルレッグを決めたクリスコルトンに対し、アイードがギロチンを仕掛ける。残り30秒、片手を巻き込むだけの状態から頭を抜いたクリスコルトンがパンチを打ち付けながらタイムアップを迎えた。

結果、クリスコルトンがフルマークで判定勝ちを収めた。


PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Triforce Online Jiu-Jitsu

Gokikai Karate

ONEday