この星の格闘技を追いかける

【UFN134】徹底したテイクダウン&コントロールでファビンスキがミークを下す

<ウェルター級/5分3R>
バルトス・ファビンスキ(ポーランド)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
エミル・ミーク(ノルウェー)

試合開始直後にミークが飛びヒザ、ファビンスキはスピニングバックエルボーを同時に放つ。直後に組んでテイクダウンを奪ったファビンスキはガードの中からエルボーを落とす。スクランブルでバックに回ったファビンスキは足を刈って、ミークに尻もちをつかせる。立っても倒されるミークはマットに背中をつけらさせられ、キムラロックへ。対してファビンスキはシングルからボディロックでトップをキープし初回を取った。

2R、左右のパンチを振るうミークをダブルレッグからリフトアップし、テイクダウンを決めたファビンスキ。ミークの下からのエルボーでファビンスキが頭部をカットする。立ち上がって胸を合わせたミークはワンツーで前に出て、右フックを当てる。ファビンスキはシングルからダブルに移行してテイクダウン。足を抜かせないミークだが立ち上がることもできない。

バックコントロールで左のパンチを連打し、正面に回ってシングルレッグのファビンスキは、ミークのギロチンを利して豪快なスラムを決める。そのままファビンスキがサイドで抑えマウントを奪ったところで2Rが終わった。

最終回、シングルを切って左フックを入れたミーク。ファビンスキのテイクダウン狙いにハンブルクのファンはブーイングを送る。離れたミークは疲れの見えるファビンスキに右オーバーハンドを当て、距離を詰めて前蹴りが連打を打ち込む。背中を向けて走り、間合いを取りなおしたファビンスキがシングルレッグへ。ミークはスタンドでニンジャチョークへ。ミークがクラッチを解くと、なんとレフェリーがブレイクを命じる。

すぐに組み付いたファビンスキは、ミークのキムラを潰してトップを取るとハーフで抑え肩固めへ。すぐに頭を上げてエルボーを落としたファビンスキに対し、ミークがクローズドへ戻す。ハーフを取ったファビンスキはミークのスクランブルを肩固めへ。ブリッジで上を取ろうとするミークは、下のままタイムアップを迎えた。

最後は打撃で追い込まれながら、テイクダウンでトップを維持したファビンスキが3-0の判定で勝利した。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

Grachan

ONE DAY