この星の格闘技を追いかける

【WJJC2018】キーナン・コーネリアス、悲願の黒帯初優勝ならず──準決でガウジオにレフ判定負け

Keenan Cornelius【写真】タイムアップの直後、キーナンはきっと勝利を確信していただろう(C) SATOSHI NARITA

5月31日(木・現地時間)から6月3日(日・現地時間)にかけて、カリフォルニア州ロングビーチのカリフォルニア大ロングビーチ校内ピラミッドにて、IBJJF主催のブラジリアン柔術世界選手権が行われた。ブラジリアン柔術の頂点を極める同大会ロングラン・レビュー、今回は悲願の黒帯初優勝の目指したキーナン・コーネリアスの無情の敗退劇と模様をお届けしたい。


01<ヘビー級準決勝/10分1R>
パトリック・ガウジオ(ブラジル)
Def. by レフェリー判定
キーナン・コーネリアス(米国)

ヘビー級準決勝は予想通り上がってきた両者による対決。スタンドで背負い等を仕掛けるガウジオに対し、コーネリアスは引き込み。インヴァーテッドの体勢からラペルを引き出すと、ガウジオの左ヒザを通した右腕で掴んで崩しにかかる。しかしガウジオもコーネリアスのパンツの後ろを掴んで防ぐ。

02インヴァーテッドの体勢を保つコーネリアスは、そこから自らの右足をラペルグリップの中にこじ入れ、右足の力でオモプラッタのようにガウジオを崩して上に。相変わらず独創的な戦い方で2点を先行した。が、ガウジオもすぐに横回転してベリンボロから上を取り返して同点。そのままコーネリアスのグリップを切って離れる。試合はスタンドから仕切り直しに。

今度はガウジオが引き込んでコーネリアスの右足に内掛けで絡み、さらにシットアップしてのシングルレッグを狙うが、コーネリアスが察知して距離を取る。またしても試合はスタンドから。再び引きこんだガウジオは後転しながらコーネリアスの左足をキャッチしてのスイープでコーネリアスを後ろに倒す。

コーネリアスが立ち上がろうとしたところで、場外側で浴びせ倒した。2点獲得かと思われたが、アドバンテージ止まりとなった。

03またしてもスタンドから再開。お互い引き込み、インヴァーテッドで足を絡めたコーネリアスが立ち上がってアドバンテージで並ぶ。下になりながらも50/50で右足同士を絡めたガウジオは、コーネリアスの残る左足を抱えて倒しにゆくが、コーネリアスは右足にトーホールド。それを振りほどいたガウジオが上になって4-2とすると同時に、コーネリアスにサブミッションのアドバンテージも与えられた。

04残り時間1分45秒ほどのところで、コーネリアスは下からガウジオの左足をデラヒーバ・アキレスに捕らえる。ガウジオが背中を向けて逃げようとしたところで、コーネリアスは残った右足のズボンを握って引き寄せると、そのまま背中に飛び乗る。仰向けになったガウジオの腕の守りを超え、コーネリアスが両足フックを完成したところでブレイクがかかり、残り1分。

05コーネリアスがビッグポイントを獲得し、6-4と逆転したところから再開となった。やがてガウジオの体を潰してうつぶせに伸ばしたコーネリアスは、さらに袖車絞めを狙う。体をひねって仰向けになったガウジオは、ここも凌いで距離を取る。そのままガウジオはコーネリアスの右足を引き出すと、すぐに抱えたまま立ち上がりスイープに成功する。

残り30秒でスコアを6-6とした。まだアドバンテージ一遅れを取るガウジオは、最後にパスは無理と見るやアキレス腱固めへ。コーネリアスがそれを防いで上を取ったところで試合は終了した。

06アドバンテージ差でコーネリアスの勝利かと思いきや、ジャッジたちはガウジオの最後のアキレス腱狙いにアドバンテージを宣告。これでスコアは完全に同点となった。それでも一度完全にバックを奪い、最後も上になったコーネリアスの勝利は動かないと思われたが……何とレフェリー判定は2-1でガウジオに。

この酷すぎる判定を聞いたコーネリアスは笑みを浮かべる。爽やかな笑顔ではなく、呆れてもう笑うしかないといった様子だ。さらにコーネリアスはマット上のIBJJFのロゴを指差して否定するポーズを取ってから、マットを去った。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN