この星の格闘技を追いかける

【UFN131】グリーンがレスリングを防御に使い、打撃を当ててチバウを完封。強いけど……

<ライト級/5分3R>
デス・グリーン(米国)
Def.3-0:30-27.30-27.29-27
グレイゾン・チバウ(ブラジル)

サウスポー同士の一戦。左ローを蹴ったクリーンが、右ミドルも見せる。さらにワンツーで前に出るも、チバウも左を返す。そこに左ストレートを当てたグリーンは、接近戦でのパンチの交換でも遅れを取らない。スピードで劣るチバウはダブルレッグを切られ、直後にパンチを纏められてしまう。

右アッパーで前に出たグリーンに右フックを打ち込んだチバウは、当てられても前に出るファイトを繰り広げ、ジャブを貰っても左フックを打ち返す。再び、チバウのテイクダウン狙いを切った元D-1レスラーのグリーンは右ジャブを入れ、ワンツーへ。グリーンのサークリングに追い足が届かないチバウは、右ミドルに続き右ジャブを2度被弾し初回を戦い終えた。

2R、右ジャブ、左ストレートをヒットさせたグリーンに対し、チバウは左で迎え撃とうとする。グリーンはアウトに出て右アッパーを真下から振るう。両者、蹴りが少なく、テイクダウンを狙うこともなく、遠目の距離でのボクシングマッチが続き、最後にグリーンが飛びヒザから左ミドルを繰り出したが、両者揃って攻撃を受けないことに徹した5分間だった。

最終回、前に出て左フックを振るうチバウだが、グリーンがバックステップでかわし右ミドル、左ボディフックを入れる。距離が近づいても、遠い距離でもパンチの精度はグリーンの方が高く、ついに右を被弾したチバウの腰を落ちる。思い切り右フックを打ち込んでダウンを奪ったグリーンだが、ここでラッシュを掛けない。

逆転にはフィニッシュしかないチバウが、強引に前に出るとカウンターを狙うグリーンは、残り1分を切って打ち合いに応じるかのように連打を近距離で繰り出す。こうなると、チバウが下がって勝負を賭けることができず、このまま試合がタイムアップに。

結果は当然、グリーンの判定勝ちとなった。一流のレスラーが、その技術をテイクダウンを切ることに使い、当てる打撃で勝負に出ると──これは強い。しかし、見る者の胸に響くことは余りない。

PR
PR

関連記事

MW

Movie

大会予定(現地時間)

TF ONLINE

ONE DAY