この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX29】序盤のリードをしっかりと意識して戦ったモラガがヘイスから判定勝ち取る

<フライ級/5分3R>
ジョン・モラガ(米国)
Def.3-0:29-28.29-28.29-28
ウィルソン・ヘイス(ブラジル)

右ローを蹴ったモラガ、引き続きパンチにローを織り交ぜて戦う。ヘイスはシングルが取れず、モラガが右を当てる。ヘイスもローを返すが、闇雲に前に出たところに右を被弾し、ローを続けられる。当てて離れるモラガは、ヘイスのダブルレッグに得意のギロチンを合わせるも、豪快なスラムで投げられサイドを許す。バックに回ったヘイスはシングルに移行するも、エルボーを入れたモラガが離れることに成功する。ヘイスの前進に右アッパーを合わせるモラガは、右フック当たられながらヒザ蹴りをボディに突き刺す。それでもテイクダウンダウンに来たヘイスをがぶり、バックへ。ヘイスがスクランブルからテイクダウンを奪ったところで初回が終わった。

2R、右ボディストレートを踏み込んで入れたモラガが、左フックをヒットさせる。前に出ると殴られるヘイスだが、前に出ないと局面は打開できない。シングルレッグからハイクロッチ、さらにダブルレッグに移行してテイクダウンに成功したヘイス。モラガはケージを背にして立ち上がり、ギロチンを仕掛けるとヘイスが離れてミドルを蹴る。

直後に組んでケージにモラガを押し込んだヘイスだが、モラガは体を入れ替えて離れる。踏み込んだローからモラガが、飛びヒザを当てるとヘイスが一瞬、棒立ちに。パンチで追いうちを掛けたモラガをヘイスがダブルレッグで倒し、パス狙いからバックを奪取、両足をフックしていく。胸を合わせたモラガがパンチを打ちつけ2Rも終了した。

最終回、ダブルレッグを仕掛けモラガに逆に倒されそうになったヘイスは、バタフライスイープからダブルレッグでトップへ。モラガはバックを許さず、立ち上がるとヘイスをいなし前方に崩して離れる。左を当てたモラガに対し、ヘイスはダブルレッグへ。これを許さないモラガだが、ヘイスは自ら後方回転してトップを取り切るとバックに。両足をフックして仰向けになったヘイスは、そのままうつ伏せになってから一回転、再び仰向けになって両足のフックを続けるも、ここで試合はタイムアップに。

結果ジャッジは3者とも29-28をつけ、モラガが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN