この星の格闘技を追いかける

【RFC43】ロシアに一矢報いたキム・スンヨン。メレスコに逆転TKO勝ち

<ライト級Tリザーブ戦/5分3R>
キム・スンヨン(韓国)
Def.2R4分20秒 by TKO
アレクサンドル・メレスコ(ロシア)

3人目のロシアMFPからの刺客メレスコが、キムのローにワンツーを放つ。ローを打たれつつ、右を返すメレスコが踏み込んでフックをワンツーで入れると、離れてスピニングバックフィストをボディに決める。もう一発、回転系の蹴りを突き刺したメレスコが飛びヒザ、キムは右ローから左ハイを狙う。キムの左ミドル後に、メレスコが何やカラアピールしてブレイクを要求する。消極性のブルーカードを提示されたメレスコは、飛びヒザを決めてパンチをラッシュを掛ける。

まっすぐ下がったキムにパンチの連打、ヒザを突き刺したメレスコは、一旦動きが落ちたが左ハイから、右フック、つづいてダブルレッグ&バックに回る。キムは胸を合わせると、離れて右フックを振るうも距離が合わない。攻め疲れのメレスコが大きく息をついてインターバルになると、コーナーに座り込んでしまった。

2R、キムは右を当てた着後に組まれてバックを許す。メレスコは後方から顔面にヒザを突き上げる。胸を合わせたキムが時間を掛けず離れる。続くキムの右ストレートにダブルレッグを合わせたメレスコだが、テイクダウンを奪えない。キムは右を差して、ケージに押し込む。ブレイク後、キムが左から右を当てると、メレスコはダメージをごまかすようにシングルレッグへ。ケージに押し込んだキムも、動きが落ちる。

ここで指を掴んだメレスコにまたもブルーカードが提示される。ダブルレッグを切られ、左フックを被弾したメレスコが続く左フックで腰が落ちる。座った状態でパンチの連打を受けたメレスコは、逆転負けとなった。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie