この星の格闘技を追いかける

【Bellator182】アイポークのアピール流され、潮目が変わる???? コラレスがラハットに判定勝ち

<フェザー級/5分3R>
ヘンリー・コラレス(米国)
Def.3-0:30-27.29-28.29-28
ノード・ラハット(イスラエル)

コラレスの右ローをキャッチに掛かったラハットが、組んで後方への投げでテイクダウン。ケージを使って立ち上がったコラレスにヒザ蹴りを入れる。試合がケージ中央に戻るとローを蹴られながらラハットはニータップを決める。すぐに立ち上がったコラレス、ラハットのアイポークというアピールをレフェリーは認めず試合が続けられる。

コラレスの左で押されるように尻もちをついたラハットは、立ち上がって組みに行くところで左を被弾する。目を気にしている風のラハットは左フックを当てられ、シングルレッグは決まらない。右目が見ていない様子のラハットは動きがバタつき気味となっていた。

2R、組んでバックに回ったラハット。胸を合わせたコラレスがケージへ押し込む。すぐに離れ、コラレスが右ローを入れる。打撃戦のなかで右ローを有効に使うコラレスが、左ジャブを当てる。テイクダウン狙いから引き込んだラハット、コラレスは寝技には付き合わない。引き続き目を気にするラハットは気持ちが折れ気味か。

ローを効かせるコラレスだが、左ジャブから右を受ける。残り20秒で右ローにテイクダウンを合わせられたコラレスは、すぐに立ち上がってラウンド終了を迎えた。

最終回、打撃の交換のなかでテイクダウンを許したラハット。レフェリーはブレイクが早い。両者、頭を下げ気味にフックを振るうなか、ラハットが右ハイを2発見せる。ダブルレッグからニータップを切られたラハットは左フックを被弾。またも右目を気にして下がったラハットが、前に出て右ハイを当てる。しかし、次の右ハイは空振りになりダブルレッグを崩される。クローズドガードからエルボーを繰り出すラハットが腰を切っていくが、腕十字はセットアップできない。

残り1分となり、レフェリーが両者を分ける。すぐに立ち上がることができなかったラハットはダブルを切られ、右ハイも空振りに。コラレスはボディを2発入れ、右ハイをブロックしたところで試合が終わった。結果、コラレスが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie