この星の格闘技を追いかける

【Shooto】ゴング直前、川名と環太平洋ライト級王座を賭けて戦うAB「つまらない試合はしたくない」

AB【写真】性分的に一本決着を望むというAB(C)SUATAIN

23日(日)東京都文京区の後楽園ホールで開催されるプロフェッショナル修斗公式戦。今大会のメインイベントでは空位となっている環太平洋ライト級王座決定戦で、川名雄生と対戦するABのインタビューが、同大会を主催するサステインより届いた。ゴング直前──ABの声をお伝えしたい。


――試合が近づいてきましたが、今の仕上がり・コンディションはいかがですか。

「絶好調ですね。暑い時期で減量もきついですけど、体調を崩さないようにしっかり栄養をとって練習を続けてきました」

――今回の環太平洋王座戦が決まった時の心境を教えてもらえますか。

「ラッキーだなと思いましたね。前回から少し試合間隔が空いているのに、いきなりチャンスをもらえて感謝しています」

――意識して取り組んでいる練習はありますか。

「集中してやることですね。短い練習時間でも力を出し切る練習をしてきました」

――3月の試合は久々の一本勝ちでしたが、あの試合で得たものはありますか。

「毎度同じ感じで試合をしているんですけど、久しぶりに自分らしく戦えて、勝つ感覚を取り戻せたかなと思います。やっぱり極めて勝たないと面白くないし、見ていても面白くないと思うんで。勝っても負けても一本・KOというのが自分の信条なので、そういう試合ができてよかったです」

――対戦相手の川名選手にはどのような印象がありますか。

「なんでも全部出来る印象です。川名選手もフィニッシュできる力がある選手なので、噛み合って面白い試合になるでしょうね。ずばり判定にはならないと思います。完全決着の試合ですね」

――どのような試合・勝ち方をイメージしていますか。

「向こうは寝技を警戒していると思うし、もちろん寝技も磨いています。それプラス打撃の部分でもかなり練習しているので、全局面で勝負したいですね。“肉を切らせて骨を断つ”じゃないですけど、それも一つのテーマに戦ってフィニッシュしたいです」

――AB選手は勝った試合はほとんど一本・KOですが、決着をつけないと勝った気がしないタイプですか。

「そうですね。性格的に勝手にそうなっちゃいますね(笑)。判定になると勝ってもモヤモヤするし、自然に身体がそうなるように動いています」

――ベルトがかかった試合という部分ではいかがでしょう。

「今まで形に残るものがなかったのでベルトは欲しいです。僕はデビューからずっとパンクラスやDEEPで試合をしてきて、2015年から修斗に出るようになったんですけど、実は初めて出たアマチュアの試合はアマ修だったんですよ。だからある意味、自分の原点でもあるので、その団体のベルトは欲しいですね」

――メインイベント、そして王座決定戦として、どんな試合を見せたいですか。

「沸かせる試合をして、お客さんに『すげえ!』と思わせたいですね。絶対につまらない試合はしたくないです。メインイベントで一番いい試合をしてベルトを巻きます。今回、大会前にいろいろあって……格闘技に悪いイメージを持たれていると思うので、格闘技は良いものだと感じてもらえるような試合をしたいです」

■ Shooto対戦カード

<修斗暗太平洋ライト級王座決定戦/5分3R>
川名雄生(日本)
AB(日本)

<バンタム級/5分3R>
佐藤将光(日本)
ルーベン・デュラン(米国)

<フェザー級/5分3R>
摩嶋一整(日本)
星野勇二(日本)

<ライト級/5分3R>
長田 拓也(日本)
児山佳宏(日本)

<バンタム級/5分3R>
岡田遼(日本)
金物屋の秀(日本)

<73キロ契約/5分3R>
福本よう一(日本)
鈴木淑徳(日本)

<バンタム/5分2R>
榎本明(日本)
論田愛空隆(日本)

<2017年度新人王決定トーナメント準決勝ライト級/5分2R>
Ju-sei Aquila(日本)
宍戸航太(日本)

<2017年度新人王決定トーナメント準決勝ライト級/5分2R>
藤木龍一郎(日本)
佐藤裕二(日本)

<ジュニア修斗52キロ契約/3分1R>
伊集龍皇(日本)
青井心二(日本)

PR
PR

関連記事

Martial World

Movie

Gladiator

Gokikai Karate

ONEday