この星の格闘技を追いかける

【HEAT40】ベラトールで連勝中の加藤久輝が、HEATに凱旋出場!!

Hisaki Kato【写真】加藤久輝がHEATのケージに戻って来る。これはビッグニュースだ (C)BELLATOR

16日(金)、HEATがオフィシャル・フェイスブック上で7月15日(土)に名古屋市熱田区の名古屋国際会議場イベントホールで開催されるHEAT40にBellatorで活躍中の加藤久喜が、韓国のチョン・ヨンジュンと対戦することを発表している。


MMA5大タイトルマッチも出揃い、日韓頂上決戦と謳われた同大会はHEATの歴史を紐解いても最高のラインナップになるといっても過言でない。MMAPLANETでも、春日井健士の持つHEATフライ級王座にチョ・ナムジン、ウェルター級王者ネルソン・カルヴァロにソン・ソンワン、そしてライト級王座決定戦は岸本泰昭×オク・レユンの間で争われることは報じてきた。

その後、ヘビー級王座決定戦に出場が決まっていたイ・サンスーの相手がボブ・アームストロングに、そしてバンタム級チャンピオン赤尾セイジへのチャレンジャーはキム・スンギュに決まっている。IGFからGRANDSLAM、HEAT、そしてPancraseやタイで開催されたRoad to Abu Dhabi Warriorsなどで戦績を重ねてきたキウイ・ファイターのボブの戦績は6勝3敗で、これが1年3カ月振りの日本での試合となる。また赤尾の初防衛戦の相手となったキム・スンギュもキャリアは6勝3敗で韓国ではTOP FC、中国でKunlun Fight MMA、さらに日本でもDEEP、ファイティング・ネクサス、Wardog CFで戦績を重ねている。

負傷明けの赤尾、今や若い力の台頭を日本より上という見方もできる韓国勢のチャンレジを受ける形となるが、キャリア序盤とはいえDEEPとネクサスで黒星を切っている相手に負けは許されない。

5階級にタイトルマッチに負けぬほど、上にあるように加藤の2年4カ月振りのHEAT出場も楽しみ。加藤にとって日本での試合は昨年4月のRIZIN以来で、その後はベラトールでAJ・マシューズ、そしてハレック・グレイシーに勝利しており、充実の時を迎えている。ベラトールで次の試合がスッと決まらなかったことで今回の出場に繋がったのだろうが、北米メジャーで戦う加藤の姿を名古屋のケージで見られることは日本ファンにとって朗報だ。

UFC ファイトウィークの翌週、7月15日は東京ではDEEP CAGE、ソウルでROAD FC40、そして名古屋でHEAT 40とさながらMMA Hot Summer in Eastern Asiaの様相を呈しており──、粒揃いの好カードをもって鍔迫り合いが各大会で繰り広げられる。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie