この星の格闘技を追いかける

【Titan FC44】今週末の注目イベント ホゼ・トーレス、キャリア5戦目で2階級制覇へ

Jose Torres【写真】ショーティーの愛称も、自らの活躍が小さな子供たちの希望になると言い切るジョゼ・トーレス。アマMMAでは20戦以上のキャリアがあり、米国人だけでなくウクライナ、カザフスタン、ベルギー、英国人選手らと国際戦を経験している(C)KEITH MILLS

19日(金・現地時間)、フロリダ州ペンブロークパインズのペンブロークパインズ・シティセンターでTitan FC44「Torres vs Sharipov」が行われる。


メインはファカド・シャリポフの持つTitan FCバンタム級王座にホゼ・トーレスが挑む一戦。IMMAFの世界大会を2度制し、タイタンFCのレックス・マクマホンに見初められたトーレスはデビュー3戦目でタイタンFC暫定フライ級王者になると、正規王者に認定された後、4試合目で元UFCファイターのペドロ・ノブレを86秒でKOし初防衛戦に成功している。

UFC出場をアピールしていたトーレスだが、今回はタイタンFCとの契約を更新し、バンタム級のベルトに照準を絞った。キルギス国籍ながら、長らくフロリダのグレイシーバッハ・オーランドに籍を置く王者シャリポフは17勝7敗とトーレスの5倍以上の経験を誇る。LFAと並び、タイタンFCはオクタゴンへの登竜門──トーレスは2階級制覇とともにUFCへのステップアップを目指す。

また同大会はセミで日本でのお馴染みのJZ・カバウカンチで暫定ライト級王座決定戦で元UFCファイターのカート・ホロボウと戦うことになっている。

■ Titan FC44対戦カード

<Titan FCバンタム級王座統一戦/5分5R>
[王者]ファカド・シャリポフ(キルギス)
[暫定王者]ホゼ・トーレス(米国)

<Titan FC暫定ライト級王座決定戦/5分5R>
JZ・カバウカンチ(ブラジル)
カート・ホロボウ(米国)

<バンタム級/5分3R>
グレイドソン・デジーザス(米国)
エディル・テリー(ベネズエラ)

<ウェルター級/5分3R>
マーク・スティーブンス(米国)
ロバート・ターンクエスト(米国)

<フライ級/5分3R>
ホルヘ・カルボ・マルチン(コスタリカ)
ブルーノ・メスキータ(ブラジル)

<ライトヘビー級/5分3R>
マイケル・ロンバルド(米国)
ロレンゾ・ハント(米国)

<ミドル級/5分3R>
ウィリアム・スタークス(米国)
マイケル・コーラ(米国)

<フライ級/5分3R>
グスタボ・バラルト(キューバ)
ジュアン・ペラルタ(米国)

<ライト級/5分3R>
デマルケス・ジョンソン(米国)
パウロ・シウバ(ブラジル)

<フェザー級/5分3R>
ホニルド・アウグスト(ブラジル)
ダン・イゲ(米国)

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie