この星の格闘技を追いかける

【Pancrase286】王者初戦で一本勝ち、久米鷹介 <01>「コントロールし削る先のフィニッシュか判定」

Takasuke Kume【写真】横浜と言えば崎陽軒。新横浜の工場直営店で「昔ながらのシウマイ」を手土産に名古屋に戻ったチャンピオンだった(C)MMAPLANET

23日に行われたPancrase286で、マティヤ・ブラジセビッチをRNCで下しKOPライト級王者としての初戦を一本勝ちで飾った久米鷹介。

王座獲得以来、7カ月振りの実戦で正常進化を実感した一戦の翌日──横浜で網膜剥離の手術を受けた病院での診察を終えた久米に今後を踏まえてインタビューを試みた。


──マティヤ・ブラジセビッチに一本勝ちし、今日は横浜で目の検査をしていたそうですね。

「ハイ。無事、問題ないと診断してもらえました」

──試合も問題なかったですね。

「今回は勝つことが第一なので、しっかりと取り切れて良かったです。結果は一本勝ちでしたが、判定勝ちだとかフィニッシュだということにもこだわってはいなかったです。もちろんフィニッシュは狙いますが、判定勝ちになったとしても格闘技の本質として、ダメージを与えて勝利を目指していました。

なので判定になっていても、ダメージを与えるような攻めを続けるつもりでした。しっかりとコントロールして、削っていく。その先にフィニッシュか判定、どちらかの勝利があるという感覚で戦っています」

──なるほど。明白ですね。今回は、これまでにない左右のステップと打撃、そこからテイクダウン狙いという動きを見せました。

「もう少し打撃で翻弄して……という気持ちではいました。それほど情報のある選手でなく、映像を見るとKO勝ちをしていた。そういうなかで打撃は警戒していました。真正面からでなく、ずらして探っていたような感じですね。

で、懐に入れそうだったので、取り敢えず一度入ろうと。組んでみると、テイクダウンに行けそうだと判断したので、取りに行ったんです。冷静には戦えたと思います」

──今回出場したクロアチア勢のなかで、久米選手の対戦相手だけは下になってから、背中を付けるのではなく立ち上がるという動きを公開練習で見せていました。

(C)KAORI SUGAWARA

(C)KAORI SUGAWARA

「最初に態勢を代えられたのは、様子見の状態でしたが、自分も甘かったです。テイクダウン後もまぁ、様子見のなかで逃し逃しということも頭に入れながら、一気に畳み込むことができました。

寝技や組み技でも冷静に戦えましたし、2Rになると相手がもうテイクダウンを防御することはなかったですし、フィニッシュできるなと思いました。

初回のヒジ打ちで削っていたし、倒したあともしがみつく感じだったので。ここは自分の流れで終わらえることができそうだと判断しました。そこでバックに入れたので、フィニッシュを狙いました」

──そういう勝利の前に、セミで徳留選手が28秒でアキラ選手にKO勝ちしました。

「アハハハハ」

──何を笑っているのですか(笑)。

「いやぁ……ため息の代わりです。そうですねぇ……いやぁ……ハハハ、やりたくないです。決定するまでやりたくない相手だし、チャンピオンの間に元UFCファイターとかと戦ってみたいです(苦笑)」

<この項、続く>

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie