この星の格闘技を追いかける

【UFC FOX24】淡々と左ミドル入れ続けたマゴメドフ、?なスプリット勝利にも淡々

<ライト級/5分3R>
ラシッド・マゴメドフ(ロシア)
Def.2-1:29-28.29-28.28-29
ボビー・グリーン(米国)

ローを見せたグリーンに対し、ワンツーを入れたマゴメドフ。組んだグリーンがケージにマゴメドフを押し込む。ヒザの蹴り合いで微妙な位置を蹴り上げたグリーンは、直後に急所にヒザを入れられる。一旦試合が中断、再開後にグリーンは構えを変えてローや関節蹴りを繰り出す。グリーンは右ミドルを入れ、続いて左ミドルも左をマゴメドフに合わされ尻もちをつかされる。

すぐに立ち上がったグリーンは右ローにも、右を合わされる。グリーンは残り40秒を切ってクリンチからマゴメドフを崩してバックを奪取。スラムを狙うもマゴメドフが胸を合わせたところで初回が終わった。

2R、グリーンが左ジャブを伸ばす。マゴメドフはショートのワンツー、そして右ボディストレートを見せ、左ハイを狙う。さらに左ボディを決めるなど、静かな展開のなかでマゴメドフが優位に立つ。と、グリーンが指が目に入ったとアピールするが、パンチだったためブーイングが起こる。再開後、マゴメドフのパンチの回転が速くなる。蹴りも入るようになったマゴメドフがワンツーを入れる。

グリーンは蹴り足をキャッチしてマゴメドフをケージに押し込む。思い切って振った左フックをかわされたグリーンはテイクダウン狙いを切り返されるも、スクランブルからスタンドに戻る。マゴメドフは右ミドル、続いて左ミドルを入れる。マゴメドフは後ろ回し蹴りを見せた直後に、左ミドルを入れてラウンドを締めた。

最終回、マゴメドフは左ハイを放ち、前に出てきたグリーンにダーティーボクシングでアッパーを2発入れる。スイッチを織り交ぜて遠い位置からパンチを狙い、蹴り足をキャッチしてテイクダウンを仕掛けるグリーンは飛びヒザにもトライするが、押され気味の空気は変わらない。左を打ち合った両者、マゴメドフは左ミドルをここでも入れる。左ミドルから左ボディフックを受けたグリーンが一瞬、動きが止まる。グリーンは残り1分を切ってクリンチへ。右へ移動して離れたマゴメドフが後ろ回し蹴り、飛びヒザを繰り出したところでタイムアップ。

淡々と左ミドルを入れたマゴメドフは、なぜかスプリットに割れた勝負で判定勝ちした。


PR
PR

関連記事

Tokyo Int JJC

Movie