この星の格闘技を追いかける

【RFC36】クリンチ&テイクダウン、ハーフ&パウンドで福田力が競り勝つ

<ミドル級/5分3R>
福田力(日本)
Def.3-0
キム・ネチョル(韓国)

右ジャブを伸ばし、左ローを蹴っていく福田。キム・ネチョルの素早いフックにシングルレッグを仕掛ける。ケージから引っ張り出してテイクダウンを狙ったが、福田は後方に崩されガードを強いられる。左腕を伸ばして立ち上がった福田はケージにキム・ネチョルを押し返し、小外掛けでテイクダウンに成功する。キム・ネチョルがクローズドガード、福田はボディと顔面にパンチを入れる。

細かいパンチを大きな振りのパンチを打ち分ける福田に、キム・ネチョルがハイガードからスイープを仕掛ける。頭をついて耐えた福田は立ち上がると、キム・ネチョルがアップキックを繰り出す。ガードの中に戻った福田のボディ打ちが続く。キム・ネチョルは福田の立ち上がり際に蹴り上げを見せるも、足を一本抜かれてしまう。

ハーフから右のパンチを落とす福田は、バタフライフックを越えてハーフに。左のパンチを2つ当てた福田は足を戻されても、すぐに足を一本抜いていく丁寧な試合を見せた。

2R、パンチのレンジから組んで両ワキを差しテイクダウンを狙う福田。胸を合わせてヒザを両者が見せる。福田は首相撲からヒザ、体を入れ替えられそうになると離れる。と、キム・ネチョルがカウンターの右を入れ、ミドルを蹴る。福田は再びクリンチゲームに持ち込み、細かいヒザを繰り出す。右を差し、外れると細かいパンチを繰り出す福田が離れる。

キム・ネチョルの右アッパーを受けた福田はシングルからクリンチへ。ダーティーボクシング合戦の直後にキム・ネチョルは再び右アッパーを打ち込む。テイクダウン狙いを切られた福田は左ローに左フックを当てられる。

クリンチを続けるもアドバンテージを握ることができない福田だったが、ついにボディロックから左足を引き出してテイクダウンに成功する。トップを取り、連続して細かいパンチを入れた福田はタフな展開を有利な態勢で終えることができた。

最終回、福田の左ローがキム・ネチョルの急所に当たり、試合が中断。すぐに再開され、キム・ネチョルがアッパーをまたも当てる。ボクシングでは劣勢の福田は組みに行くも、キム・ネチョルは倒れない。ダーティーボクシング合戦で左ボディフック、離れた直後に道を入れた福田が組んでいく。

福田は右腕の差し上げを利かせているが、キム・ネチョルも小手投げを打つ。両者揃ってスタンドに戻ると左ミドルを入れた福田は、左フックから押し込みバックへ。正面まで回り込むが、ダブルレッグでは倒せず胸を合わせる。と、残り70秒で福田はキム・ネチョルをボディロックから崩し、ついにテイクダウンに成功する。キム・ネチョルのハイガードに鉄槌を落とし、ガードを割った福田がハーフから肩固めを仕掛けマウントに。このままマウントでパンチを落とした状態で福田はタイムアップを迎えた。

「やれることを全てやる」という前日の言葉通りの試合で、福田は判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie