この星の格闘技を追いかける

【Shooto】ストロー級挑戦者決定戦で猿田と対戦、猿丸ジュンジ「勝つのは勝つんですけど……」

Sarumaru【写真】テイクダウン系のファイター対策は、猿丸の永遠のテーマ。大一番でトレーニングの成果が発揮できるか (C)MMAPLANET

29日(日)、文京区・後楽園ホールで開催されるプロフェッショナル修斗公式戦。同大会で猿田洋祐と世界ストロー級次期挑戦者決定戦で戦う猿丸ジュンジのインタビューが、今大会を主催するSustainより届いた。

ここで勝てば、5度目の世界挑戦権を手にするになる猿丸。タイトルを想う強い気持ち、この試合に対する意気込みが聞かれた。


――世界ストロー級次期挑戦者決定戦が間近に迫ってきました。試合への準備は順調ですか。

「ばっちりですね。前回の試合(2016年11月、小堀貴広に1RKO勝ち)は1R決着で怪我もなかったんで、試合が終わってからずっと継続して練習していました」

――小堀戦はまさに会心の勝利でしたが、改めてあの一戦を振り返っていただけますか。

「ランキングが下の選手だったので、少しでも早く倒さないといけないと思ってやりました。それで相手の動きも見ずにタイミングも無視して戦いました。もしあれで判定までいっちゃうと次のチャンスはないと思っていたので、前回は勝ち方にこだわってやりました」

――その小堀戦があったことで、今回の次期挑戦者決定戦のチャンスが巡ってきました。最初に試合が決まった時の心境はいかがでしたか。

「猿田選手とはいつかやるだろうなと思っていました。ぶっちゃけ、大きな壁っすよね」

――一階級上から落としてきた選手ですが、階級を変えた時から意識していましたか。

「はい。階級を落としてくる前は気にしなかったですけど、落としてくると分かった時に、いずれ戦うことになる相手だなと思いました」

――ファイターとしてはどんな印象が?

「単純に強いですよね、はい」

――猿田選手はテイクダウン・グラウンドでのコントロール能力が強い印象です。言える範囲でどんな対策を練って、準備を続けてきましたか。

「はっきり言って自分の苦手なタイプだし、そういう相手の対策はずっと練っています。その中で自分のコンディションや力を上げることを意識してやってきて、もともと自信があったパワーをさらに強化して、他の選手には負けないようにしました。猿田選手はすごく強いし、一階級上から落とした選手ですけど、力じゃ負けない自信があります」

――猿丸選手は少し前からフィジカルトレーニングにも力を入れていましたよね。

「はい。その成果もスパーリングで感じるようになったので、より自信がついてきました」

――この試合に勝てば猿丸選手にとって5度目の世界タイトル挑戦が決まります。猿丸選手は修斗の世界タイトルを目標に戦い続けていますが、今タイトルについてはどんな想い入れがありますか。

「やりたいですね…本当に。やりたいというか俺は修斗のベルトが欲しいんです。だから今回も絶対に勝たなきゃいけないし、何が何でも勝ってタイトルマッチにつなげるっていう…それだけですね」

――この試合を楽しみにしているファンのみなさんに一言お願いします。

「いつも通り思いっきりアグレッシブに動いて、勝つのは勝つんですけど、みんなを楽しませる試合をするんで楽しみにしていてください。俺は勝ちにこだわって戦いますけど、みんなは俺がアグレッシブに戦ってパンチを振り回すところを見たいだろうから、それを次の試合でも見せますよ」

■ プロ修斗対戦カード

<フェザー級/5分3R>
斎藤裕(日本)
マイク・グランディ(英国)

<フライ級/5分3R>
前田吉朗(日本)
覇彌斗(日本)

<ジュニア修斗48キロ契約/4分1R>
鶴屋怜(日本)
吉井龍城(日本)

<修斗世界ストロー級次期挑戦者決定戦/5分3R>
猿丸ジュンジ(日本)
猿田洋祐(日本)

<修斗環太平洋バンタム級次期挑戦者決定戦/5分3R>
佐藤将光(日本)
祖根寿麻(日本)

<フェザー級/5分3R>
児山佳宏(日本)
青井人(日本)

<ライト級/5分3R>
山本勇気(日本)
ホン・ソンビン(韓国)

<フライ級/5分3R>
清水清隆(日本)
奇天烈(日本)

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF