この星の格闘技を追いかける

【RFA12】キッシュがトーマスの反撃振り切り、判定で4連勝

2014.01.25

<女子ストロー級/5分3R>
ジャスティーン・キッシュ(米国)
Def.3-0:30-27, 29-27, 29-27
ランダ・マルコス・トーマス(カナダ)

ワンツーからローを放つキッシュ。キッシュの右にトーマスも右を返し、組みついてケージに押し込む。キッシュが首相撲の態勢に入ると、トーマスは自ら距離を取る。パンチで距離を潰し、首相撲からヒザをボディに入れるキッシュは、続いて左エルボーを見せる。右腕を差し返したトーマスが態勢を入れ替える。再び距離を取った両者、キッシュは右ローからワンツー、右エルボーから首相撲に。距離を取り直したキッシュが右フックをヒットさせる。右ストレートを連続で見せたキッシュは、首相撲からバックに回るとテイクダウンへ。

スタンドに戻り、テンカオから右フックを入れたキッシュだが、トーマスがワンツーから前に出てくる。これを受け止めたキッシュが、首投げでテイクダウンに成功する。シングルレッグから上を取り返したトーマスがサイドへ。キッシュが足を入れクローズドガードを取ったところで初回が終わった。

2R、右ロー2発から右フックを入れたキッシュ。トーマスがダブルレッグでケージに押し込む。体を入れ替えたキッシュが距離を取って、スピニングバックフィストを放つ。直後に組みついたトーマスに対し、キッシュはがぶってバックへ。ここでキッシュが右足を掴んでトップへ。キッシュはケージを背にして立ち上がると、ヒザ蹴りから右ストレートを打ち込む。右ストレートとエルボー、さらに右ローでトーマスを後退させるキッシュ。サウスポーにスイッチして右ミドルから左のサイドキックを見せる。

キッシュはケージ際でローからパンチの連打で、流血したトーマスを追い込む。キッシュのスピニングバックフィストに再び組みついたトーマスだが、テイクダウンを奪えない。パンチとエルボーを受け、テイククダウンを切られるトーマスは2Rを失った。最終回、踏み込んで右ローを2発蹴り込んだキッシュは、懸命にワンツーを振るって前に出てくるトーマスをパンチで迎え撃ち、前蹴りでケージに追い込む。左右のフックを入れたキッシュの一方的な展開が続く。トーマスは組んで、ダーティボクシングを見せると、打撃戦のなかで組みつき後方に倒れこみながらトップを奪取する。

マウントを取ったトーマスは、エルボーをキッシュの顔面に落す。残り2分、ケージを蹴り上げるキッシュだが、体を入れ替えることはできない。思い切りパウンドを落すトーマスは、キッシュのブリッジに合せて腕十字へ。右腕が伸びそうになりながら、腹這いになって腕を引抜いたキッシュが立ち上がる。再びダブルレッグを決めたトーマス、キッシュが逆に腕十字を仕掛けたところでタイムアップとなった。結果、3Rは取り返したトーマスだが、序盤の劣勢を跳ね返すには至らずキッシュが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Movie