この星の格闘技を追いかける

【Shooto】安藤達也、再出発の一戦でケビン・クルームにRNCで一本勝ち

LINEで送る
Pocket

<フェザー級/5分3R>
安藤達也(日本)
Def.2R3分13秒 by RNC
ケビン・クルーム(米国)

サウスポーの安藤に対して蹴りで距離を取るクルーム。安藤は右フックを振って前に出る。クルームも右ストレートを伸ばして組みつくが安藤は倒れない。試合がスタンドに戻ると、安藤が細かく右フックを当てる。再び組みついたクルームが安藤をケージへ押し込み、シングルレッグからテイクダウンを狙う。

半身になる安藤の両足を束ねて寝かせつつ、安藤が立ち上がろうとするとバックへ回り込むクルーム。完全に安藤が立ち上がり、クルームは安藤の背中におぶさるようにしてリアネイキッドチョークを狙う。

クルームはケージを蹴ってグラウンドに持ち込むが、安藤はクルームの身体を前に落として鉄槌。下になったクルームが三角絞めを狙ったところでラウンド終了となった。

2R、右ストレート・右アッパーで前に出るクルーム。安藤はそこに右フックを合わせ、一気にパンチをまとめる。クルームのダブルレッグを切った安藤はトップポジションから鉄槌を落とす。クルームも下からヒジを返し、サブミッションを仕掛ける。

クルームが身体を反転してシングルレッグに入ると、安藤はそれを潰してバックへ。一気にリアネイキッドチョークを極めて、クレームを締め落とした。

所属していたTRIBE TOKYO M.M.Aを離れ、フリーとして再出発となる一戦で一本勝ちした安藤は「みなさん今日応援していただきありがとうございます。今回の試合前に色々とあったんですけど、今まで以上にたくさんの人が応援してくれて、たくさんの人が練習してくれました。たくさんの人のおかげで勝てました。これから修斗を盛り上げて、中心になるのでよろしくお願いします」とファンにメッセージを送った。

PR
PR

関連記事

Movie