この星の格闘技を追いかける

【TUF18】ロクサン、打撃戦で劣勢&テイクダウン不発で敗れる

2013.12.01

<女子バンタム級/5分3R>
ラケル・ペニントン(米国)
Def.3-0: 30-27, 30-27, 29-28
ロクサン・モダフェリ(米国)

左ジャブを伸ばすロクサン、ラケルも左ジャブで間合いを測る。ロクサンは果敢にワンツーを振るい、右ミドルへ。ラケルは左ローを放つも、かなり慎重な戦いを見せる。ロクサンの右がヒットし、さらに真っ直ぐ前に出て右ミドルを繰り出す。すぐに組みつかないロクサン、前に出るとラケルが右を放つも負けじと前進する。ラケルは鋭いローを蹴り込むも、待ちの態勢を続ける。

ラケルのサイドキック、ロクサンは右ストレートを伸ばすが、ラケルの右、さらに左ジャブを受ける。ロクサンは左から右を返し、組みついていく。首相撲からヒザを突き上げたラケルだが、四つ首からロクサンが首を抱える。前腕を入れて体を入れ替えたラケルがエルボー、ダブルの左ジャブを打ち込む。残り10秒、前に出るロクサンだが右を受けてバランスを崩す。ラケルがラウンドを取った。

2R、スピニングバックフィストを空振りしたロクサン、パンチから組みついて大内刈りからワキをすくってバックを伺う。両ワキを差したラケルだが、ロクサンはパンチを打って離れる。打撃では明らかに優勢のラケルが左から右を伸ばす。このタイミングでテイクダウンが欲しいロクサンだが、ダブルを切られがぶられてしまう。ガードを取ったロクサンだが、左ワキを差すにとどまり、潜れない。クローズドからハイガードのロクサンがガードからエルボーを入れる。軽くスラムするラケル。TUFの悪夢が蘇りそうになるが、ロクサンは一旦はクローズドに戻す。

ラケルが上体を起こして、右のエルボーを勢いよく落す。再びハイガードを取ったロクサンが叩きつけられるが腕十字へ。右腕を取ったロクサン、ヒジがやや抜けているか、三角に戻そうとトライしたが、胸を張って防いだラケルが立ち上がる。残り45秒、試合がスタンドに戻るとラケルが前に出るが、ロクサンも下がりながらローを入れる。左フックを入れ、頭が揺れたロクサン。右ミドルに、右ストレートを合わされてしまう。さらに右を受けてよろめくロクサン、厳しい局面が続く。

最終回、前に出るロクサンにロケルの左ジャブが襲う。テイクダウン狙いをスプロールしたラケルは、右ストレートをヒット。左から右ストレートを被弾したロクサンは組みついて右腕を差していくが、態勢を入れ替えられ距離を取り直す。ラケルは右ストレートを打ち込み、引き続きプレッシャーを与える。組みついてハーフで引き込んだロクサンにエルボーを落すラケル。ロクサンはクローズドに戻し強引にギロチンを仕掛けるも、これは極まらない。パンチを落とされながらハイガードに取ったロクサン。腕を抜いたラケルが立ち上ってパンチを落す。残り1分、キムラを狙うロクサンは潜っていくが、頭を抑えたラケルが立ち上ってギロチンへ。腰をクラッチして引き込んだロクサンは、ボディにパンチを入れるが首は解けない。何とか耐えきったロクサンだが、反撃の機会がないまま試合はタイムアップに。結果は3-0でラケルが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie