この星の格闘技を追いかける

【Bellator161】カンゴ、テイクダウンを決めてマジョリティウィン

<ヘビー級/5分3R>
チーク・カンゴ(フランス)
Def.2-0:29-28.29-28.28-28
トニー・ジョンソン(米国)

左ジャブを伸ばすカンゴ。組んできたジョンソンをケージに押し込み、腿にヒザを入れる。体を入れ替えたジョンソンにヒザを入れるカンゴは、首を抱えテイクダウンを耐える。ここでカンゴのヒザが急所に入り、レフェリーがブレイクを命じ試合が中断。ケージ中央で再開されると、カンゴの右にジョンソンも右を合わせて、右ショートを続ける。ジョンソンは右オーバーハンドからダブルレッグを繰り出すが、テイクダウンには至らない。

左手をオーバーフック&ヒザを見せるカンゴ。ブレイクが掛かり、分かられた両者。ジョンソンが左から右オーバーハンド、そしてダブルレッグへ。カンゴが入れ替え、ダブルレッグでテイクダウンに成功する。マウントを取り、左のパンチ、エルボーを連打したカンゴだが、フィニッシュには時間が足らなかった。

2R開始早々、ジョンソンが右オーバーハンドの空振りからダブルレッグでテイクダウンに成功する。ハーフのカンゴだがケージに押し込まれ右のパンチを被弾すると、背中を見せる。バックマウントとなったジョンソンは、パンチからRNCへ。半身で上体を起こしたカンゴだが、絞めは凌いでもバックマウントから逃れることができない。

フェイスロック気味にチョークを仕掛け、パンチを入れるジョンソン。残り1分までこの態勢が続き、カンゴが胸を合わせに行ったところでジョンソンがマウントを奪取する。ジョンソンは左のパンチを落とし、右エルボー。ここで2Rが終わった。

最終回、スタート直後に今度はカンゴが組みつきケージにジョンソンを押し込む。渾身の力でダブルレッグを決めたカンゴがトップに。ハーフから左エルボーを落とす。ケージを背にして立ち上がろうとするジョンソンのボディにヒザを入れ、足を抱えて立たせないカンゴ。ジョンソンは再び背中をつけて残り1分を迎える。ここでレフェリーのブレイクがなく、勝敗の行方はほぼ決まったか。

そのままタイムアップとなり、全てのラウンドでテイクダウンが決め手となったと思われたが、2‐0でカンゴが判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie