この星の格闘技を追いかける

【WSOF06】パンクラスと共闘、日本大会も。ブスカペ判定勝ち

2013.10.27

<ライト級/5分3R>
ルイス・ブスカペ(ブラジル)
Def.3-0:30-27.29-28,29-28
ジェイコブ・ヴォルクマン(米国)

サウスポーの構えから左ミドルを2発放ち、テイクダウンを狙いで組みついたヴォルコフ。自ら距離を取るが、ブスカペは右フックを放っていく。ヴォルクマンにテイクダウンを許さないブスカペは、首相撲からヒザをボディに突き上げる。ヴォルクマンは左ミドルからシングルへ。尻餅をついたブスカペはすぐに立ち上がるが、そのまま足を取られてテイクダウンを許してしまう。

立ち上がってパウンドを落すヴォルクマンに対し、ブスカペは蹴り上げから立ち上がる。蹴りを多用するヴォルクマンだが、右フックを被弾する。クリンチから距離を取ったヴォルクマンのテイクダウン狙いを切ったブスカペは、逆にテイクダウンからサイドを取る。残り45秒、ブスカペが頭を跨くと、同時にヴォルクマンが立ち上り初回が終了した。

2Rまでのインタバールの間に、レイ・セフォー代表がパンクラスの酒井代表と並び、「パンクラスと協力して、来年早々にWSOFを開く。日本は第2の故郷」とコメントをした。

2R、開始早々にブスカペがテイクダウンを奪うと、ハーフからパスを狙う。ヴォルクマンが起き上がってシングルからスタンドへ戻る。直後に右を打ち込んだヴォルクマンだが、テイクダウンには失敗。ブスカペがヒザ蹴りをボディに入れる。首相撲からヒザを顔面に突き上げたヴォルクマンに対し、ブスカペは右フックからダブルレッグダイブへ。ヴォルクマンはスプロールから足を取ってトップをキープするが、ブスカペもスイープ習いから、蹴り上げから脇を差して起き上がろうとする。ヴォルクマンはダースチョークを仕掛けるも、首を抜いたブスカペがトップを奪取、パスを狙うもなかなか脇も差せない。そのままコツコツとパンチを落すブスカペ、ここで2Rが終了した。

3R、ヴォルクマンの左ロー、ブスカペはヒザ蹴りから低い姿勢でももぐりこみテイクダウンへ。ヴォルクマンは横三角を狙うが、頭を抜いて正対。パスに成功する。しっかりとサイドから抑え込むブスカペ、ヴォルクマンは壁際に移動し。潜ろうとするがブスカペが足をキャッチし、そのまま体重移動。腹這いになりそうになったヴォルクマンが自らガードを取る。立ち上がることができないヴォルクマン、足を戻して、細かいパンチをガードから放つ。このままトップキープを続けたブスカペが、3-0の判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Movie