この星の格闘技を追いかける

【PXC54】PXCではジョーンズが無事出場も、フセルのTDからバックマウントに敗れる

<ライト級/5分3R>
ディラン・フセル(米国)
Def.3-0
タイロン・ジョーンズ(グアム)

左ハイを放ったフセル。ジョーンズは左フックから右ローを蹴り込む。前に出て左を振るフセルは組みつかれても、全く姿勢が乱れず逆にジョーンズをケージに押し込んでいく。ケージ際で体を入れ替える両者、右腕を差し上げたフセルがテイクダウンに成功する。即キムラクラッチに入ったジョーンズだが、足を越される。すぐにシングルから立ち上がったジョーンズは、ケージを背負う展開が続いたが、首相撲からヒザを蹴り込み離れることに成功する。

それでもケージを背負った状況で、組みに行き逆にテイクダウンを奪われたジョーンズはバックを許しそうになる。後方からパンチを入れ、両足をフックしに掛かったフセルが後方から右のパンチを続ける。背中を伸ばされたジョーンズは後方に拳を打ち付け何とかラウンド終了まで持ちこたえた。

2R、パンチを受けた直後に組みついたフセルは、エルボーを肩口に落とされながらダブルレッグを決める。即バックに回ったフセルは後方からエルボー。ジョーンズは懸命に上を向こうとするが、腕をコントロールされ自由がきかない。それでもフセルが体を跨ごうとした際に、上体を捻ってスクランブルに持ち込みスタンドへ戻るとヒザをボディに入れる。

頭を低くしシングルで尻餅をつかせたフセル。息を整え頭をジョーンズの胸に押し込んで背中を着かせるなど、このラウンドも優勢のまま戦い終えた。

最終回、蹴りに力がなくなったフセルは、ジョーンズのローで体がよろける。組みに行ってもヒザをボディに受け、右の連打を打ち込まれながらダブルレッグへ。キムラクラッチで耐えるジョーンズが、バックを許さずエルボーを落としていく。シングルとキムラクラッチの攻防から互いに胸を合わせると、ジョーンズはフットスタンプ。フセルはジョーンズをケージに押し込み、再びダブルレッグへ。これはキムラでは耐えきれず、ジョーンズが尻餅から背中をマットにつかされる。

フセルはまたもバックバウントを完成させ、両ワキを差して固める。後ろ向きでパンチを落とすが、胸を合わせることができないジョーンズ。このままタイムアップを迎え、フセルが3‐0の判定勝ちを手にした。


PR
PR

関連記事

Road FC45

HEAT41

Movie