この星の格闘技を追いかける

【PXC53】ムルキがカウンター中心の超安全運転ファイトでエスピノーサを下す

<ライト級/5分3R>
エイディン・ムルキ(豪州)
Def.3-0 29-28、29-28、29-28
ジェイピー・エスピノーサ(フィリピン)

対戦相手変更で急遽参戦が決まったエスピノーサ。試合が始まると左右のフックで突進する。ムルキはロー、ミドル、前蹴りを散らしながら、左フックのカウンターを狙う。右フックで突進するエスピノーサだが、ムルキはガードを下げてそれをすべて空振りさせてジャブを返す。

そして鮮やかな右ヒジ・左フックのカウンターでダウンを奪うと、マウントからパンチ・ヒジを連打。最後は三角マウントからヒジを落とすが、ラウンド終了となってしまう。

2Rも抜群の見切りのよさでエスピノーサのパンチとローを空振りさせるムルキ。ほとんど自ら攻撃を繰り出す場面はないものの、カウンターのジャブ・右を当て、完全に試合を支配する。

3R、エスピノーサが一気に距離を詰めてパンチで突進。これに下がるムルキだったが、右アッパー・右ストレートを当てて前に出る。エスピノーサをケージに押し込む。ここは一旦離れるムルキ。打撃戦になるとエスピノーサの攻撃をかわしてカウンターを狙う動きに終始し、右ストレート・右ハイキックを当てる。

残り30秒を切り、ムルキが右アッパーから連打をまとめるが、エスピノーサを仕留めきれず。超安全運転ファイトに終始したエスピノーザが判定勝利した。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie