この星の格闘技を追いかける

【FOX08】TD生かせなかったケッジー、判定で星逃す

2013.07.28

<女子バンタム級/5分3R>
ジャーメイン・デランダミー(オランダ/10位)
Def.2-1: 30-27, 28-29, 29-28
ジュリー・ケッジー(米国/8位)

左足を突き出して構えるデランダミー、低い姿勢のケッジー。そのケッジーのシングルレッグをかわしたデランダミーだが、続く接近戦で足を払われ尻餅をつく。起き上がったデランダミーはケージにケッジーを押し込んでヒザ蹴りを続ける。ケッジーも首を取り返しヒザを見せるが、ここはデランダミーの得意な局面でボディにヒザを受け続ける。

ケッジーは体を入れ替え、逆にデランダミーをケージに押し込むが、すぐに元の態勢に戻されてしまう。ボディだけでなく、顔面にも届くようになったデランダミーのヒザ蹴りだが、残り80秒でブレイクを命じられる。右ミドルを掴まれながら、右パンチを入れるデランダミーは、再びケッジーをケージに押し込む。体を入れ替えたケッジー、右ワキを深く差しいれながらも、またも態勢を変えられヒザを受ける。両者が距離を取ったところで初回が終了した。

2R、デランダミーは左ローから左ジャブを伸ばす。間合いを外すケッジーはサイドキックへ。オーバーハンド気味の右を見せるケッジーは、左ミドルに右を合わされそうになる。ケッジーのミドルを受けても平然としているデランダミーは、ハイを受けそうになってなお左から右を伸ばしていく。と、残り3分でケッジーがシングルレッグでテイクダウンに成功する。

すぐにハーフの態勢になったケッジーは、じっくりと抑え込んでいく。ガードから懸命にしがみつくデランダミーに振りの小さなパンチを入れるケッジーは、両ワキを差され思うように攻撃を仕掛けることができないままタイムアップを迎えた。

最終回、鋭い左の蹴りを見せるデランダミーは、首相撲を仕掛けてきたケッジーのシングルにバックを譲る。そのままテイクダウンを狙い正対したケッジーだが、バランスを崩し寝技に持ち込めない。それでもデランダミーをケージに押し込んだケッジーだったが、態勢を変えられヒザを腿&ボディに受ける。

崩しから距離を取ったデランダミーは、ケッジーのサイドキックに対し右ハイを見せるも空振りに。ミドルを受け、右ストレートを打ちこんだデランダミー。ケッジーは懸命に間合いを測りスピニングバックフィストへ。これが空振りに終わると、左ジャブから左ハイが顔面をかすめる。

デランダミーはミドルを受け、ローをキャッチされ残り40秒でテイクダウンを奪われる。クローズドガードのデランダミー、ガードからエルボーを入れるも立ち上がることはできずに試合終了を迎えた。結果、ジャッジはテイクダウンだけでは良しとしなかったのか、裁定が割れデランダミーがスプリットにもつれこんだ試合を制した。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie