この星の格闘技を追いかける

【TFC01】キム・ドゥファン、LFC帰りのヤン・ヘジュン破る

2013.06.29

Kim Doo-Hwan vs Yang Hae-un

【写真】キム・ドゥファンは何度もハイキックをヤン・ヘジュンに放っていった(C)MOOZine
Text by Choi Woo-Suk

<ライトヘビー級 /5分3R>
キム・ドゥファン(韓国)
Def.2-0:29-28,29-28,29-29
ヤン・ヘジュン (韓国)

ジャブで距離を測る両者。キム・ドゥファンのフックに対し、ヤン・ヘジュンはミドルを蹴り込む。ヤン・ヘジュンはテイクダウンに成功し、一度はキム・ドゥファンがハーフガードを強いられるも脱出、両者スタンドへ戻る。キム・ドゥファンのフック、ヤン・ヘジュンのボディストレート、激しい攻防が続くなか、ミドルで受けたヤン・ヘジュンが組みついてダメージをごまかす。

呼吸を整えることに成功したヤン・ヘジュンに対し、キム・ドゥファンがフックからワンツーを打ち込む。ヤン・ヘジュンも後ろ蹴りを見せるが、これは当たらずタイムアップに。2R、ヤン・ヘジュンのミドルを受けたキム・ドゥファンがフックを返していく。フックの連打から組みついたキム・ドゥファンが、ここでテイクダウンに成功する。ヒジを落すキム・ドゥファン、あまりダメージを与えることはできない。スタンドに戻ろうとしたキム・ドゥファンは、ヤン・ヘジュンが組みついてくると、ロープを掴み注意を受ける。

直後の打撃戦のなか、ヤン・ヘジュンの指がキム・ドゥファンの目に入り、試合は一時中断され、かなりドロドロの展開に。再開後、ヤン・ヘジュンはミドルからフックを決め、さらに後ろ蹴りからハイキックを放つなど攻勢に出たところで、ラウンドが終了。試合は最終ラウンドへ。

キム・ドゥファンが見せたハイキックは当たりが浅い。ヤン・ヘジュンは、ここでシングルレッグへ。ボディロックに切り替え押し込むも、レフェリーは膠着ブレイクを命じる。すぐにクリンチの態勢に持ち込んだヤン・ヘジュンは、組み技勝負に出るもテイクダウンは奪えない。キム・ドゥファンが体を入れ替えるも、ヤン・ヘジュンが再度押し込んだところで、再びブレイクが掛かった。

打撃の間合いで再開後、キム・ドゥファンのパンチがヤン・ヘジュンを捉える。直後にテイクダウンに成功したヤン・ヘジュンが、スタンドに戻ろうとするキム・ドゥファンのバックに回ったところでタイムアップに。結果、マジョリティ判定でキム・ドゥファンが判定勝ちを手にした。

PR
PR

関連記事

Movie