この星の格闘技を追いかける

【ADCC2015】88キロ以下級、準決でキーナンが屈強ロシアンに辛勝。シモエスとのファイナルへ

Keenan Cornelius vs Rustam Chsiev【写真】レフェリー判定でチェシエフを振り切ったキーナンだが大きなブーイングを浴びた。ADCCルールは柔術ポイントを踏襲しつつ、レスリングが主体になるので難しい (C)GLEIDSON VENGA

29日(土・現地時間)から30日(日・同)にかけて、ブラジル・サンパウロにてアブダビコンバットクラブ(ADCC)主催の世界サブミッション選手権が行われた。2年に1度、世界最高峰の組業師たちを集めて行われるこの大会。今年もグラップラーの祭典と呼ぶに相応しい強豪たちが集まった。実質上ギ無しグラップリングの世界最強決定戦といえるこの大会、今回は88キロ以下級準決勝までの模様を紹介したい。

<88キロ以下級準々決勝/10分1R>
キーナン・コーネリアス
Def. by 2-0
クラウジオ・カラザンス

88キロ以下級最注目選手といえるキーナン・コーネリアスと、今年の世界柔術ミドル級王者のクラウジオ・カラザンスが早くも準々決勝で激突した。

まずはスタンドの攻防で始まったこの試合。もともと柔道出身でレスリングにも定評のあるカラザンスに対し、最近レスリングを強化しているコーネリアスもスタンドで対抗。テイクダウンを仕掛けるが、カラザンスはスタンディングネックロックで絞め上げて逆襲へ。

やがてコーネリアスが座ったのを契機に寝技の攻防に。足を取り合うが両者とも譲らない。そのうち5分が過ぎてポイントが入る時間帯になると、お互いが座った状態からおもむろにコーネリアスが立ち上がって上狙い。カラザンスも対応して立とうとしたところに、コーネリアスはそうはさせじと場外まで押して行き上を取り、これが認められて2点先制してみせた。

その後カラザンスはまたしてもギロチンを仕掛け、そのまま豪快に払い腰でコーネリアスを投げるなど見せ場を作るが、抑え込むことはできずにポイントは奪えない。そのまま懸命に前進を続けるものの、コーネリアスを倒して抑え込むには至らずに試合終了。頭脳プレーで見事に得点を稼いだコーネリアスの勝利となったが、ギロチンや投げで強さを見せつけていたカラザンスが、特に劣勢な状態になることもなく敗退したのは残念だった。

<88キロ以下級準決勝/10分1R>
ユーリ・シモエス
Def. by 3-0
ホムロ・バハウ

スパイダーガードの名手である柔術世界王者にして、前大会の覇者ホミーニョことバハウと、昨年の世界ノーギ選手権で完全優勝し、ギ無し柔術において一躍台風の目となったシモエスの準決勝は、延々とスタンドが続く展開に。シングルレッグを狙うなど積極的に攻めたシモエスは、ホミーニョが前に出て来たところで体を落としてファイアーマンズ・キャリー一閃!! 見事に宙を舞わされたホミーニョは側転するように着地するものの、シモエスはそのままシングルレッグに移行してテイクダウン。

ホミーニョは抑え込まれまいと動き回るが、シモエスもしつこく体重をかけ、ついにレッグドラッグの姿勢からサイドに移行し、胸を合わせることに成功。見事に3点を先制した。結局この点が決定打となり、シモエスが決勝進出を決めた。番狂わせという見方もあるだろうが、昨年の世界ノーギ大会でその潜在能力を見せつけたシモエスが、今大会それ劣らない気力充実ぶりを発揮していることを考えると、この勝利は決して驚くべきことではないだろう。

<88キロ以下級準決勝/10分1R>
キーナン・コーネリアス
Def. by レフェリー判定
ルスタム・チェシエフ

準々決勝で辛勝したコーネリアスを準決勝で待っていたのは、前回大会準優勝にして大ベテランのラファエル・ロバト・ジュニアの下からの攻めを、強固なレスリングベースで封じてレフェリー判定をものにしたロシア出身のルスタム・チェシエフ。そのチェシエフ、この試合でもその強さを存分に発揮し、コーネリアスの仕掛けるアームドラッグ等下からの攻撃を封じてみせた。突入した延長戦では延々とレスリングの攻防が続いたが、コーネリアスの仕掛けをルスタムはことごとく切っていった。そうして延長も終わり迎えたレフェリー判定の結果、勝利を得たのはコーネリアスの方。この裁定にサンパウロの観衆は大きなブーイングを送った。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Road FC43

Movie