この星の格闘技を追いかける

【UFC JAPAN】五味が強さを見せるもスプリット判定で敗れる

<ライト級/5分3R>
ディエゴ・サンチェス(米国)
Def.2-1:29-28,29-28,29-28
五味隆典(日本)

ディエゴの体重オーバーでキャッチウェイトとなった一戦、五味の出場に会場が一際盛り上がる。オーソで構えた五味が、右を伸ばす。左へ回るサウスポーのディエゴの突進に、冷静にカウンターを狙う。ディエゴのヒザ蹴りに、右ボディを放つ五味。ディエゴは右回りを始める。そのディエゴが踏みこんでワンツーを見せるも、五味はしっかりと見切る。しかし続く右ストレートにテイクダウンを合わされた五味、パウンドを受けながら起き上がると、館内は大五味コールに。

サウスポーにスイッチした五味だが、オーソに戻し左を伸ばす。五味の右に同じく右を伸ばすディエゴ。五味がボディを続け、ヒザを見せるとここでテイクダウンを合される。ヒザ十字を見せたディエゴ、五味が起き上がってパンチを落し、試合はスタンドへ。

右ボディを打ち込んだ五味、ディエゴがやや距離を取る。右ミドルを放つ五味、ディエゴが蹴り足をキャッチしてスクランブル状態になったところで初回が終了した。2R、オーソを続ける五味。五味のボディに、ディエゴが左を合せようとするが、勢いは五味が上だ。テイクダウン狙いを切った五味は、右ボディストレートを見せる。左ストレートを伸ばす五味がプレッシャーを掛ける。ディエゴは距離を詰めることができない。

ディエゴに左回りをさせない五味、自ら距離を取りなおす。ジャブの応酬のあと、アッパーを受けた五味、左フックで距離を修正する。右ローで攻撃を散らした五味は、ディエゴの左ミドルを捌く。ディエゴのテイクダウン狙いを切った五味、左ミドルを受けても前に出る。ワンツーで前に出た五味、ディエゴが右を打ち返す。

最終回、左ジャブを見せる五味が右ボディを伸ばす。スイッチを入れる五味、ディエゴは手数が少ない。左フックを伸ばすディエゴ、五味も右を返す。レンジの少し外から、的確に手を出す五味は、気合の入った表情で前に出る。残り2分、五味はディエゴの左ミドルを受けても前に出ると、テイクダウン狙いは徹底してスプロールする。

左ローを受け、左フックを返した五味は組みつかれても、押し返す。と、右の連打を見せ右ハイでバランスを崩させる。すっと立ち上がった五味は、最後の打ち合いでパンチを被弾するも、間合いを外して試合終了に。裁定はディエゴ。スプリットで敗れた五味、強さを見せつけただけに残念な結果だ。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie