この星の格闘技を追いかける

【UFC157】ニアー意地見せるも、マクギーにフルマーク判定負け

2013.02.24

<ウェルター級/5分3R>
コート・マクギー(米国)
Def.3-0:30-27, 30-27, 30-27
ジョシュ・ニアー(米国)

左ジャブから右ストレート、左ミドルと積極的に手を出すウェルター級転向初戦を迎えたマクギー。ニアーとはパンチの回転数が違うか。下がりながらもロー、ジャブを見せるマクギーに対し、ニアーが前に出てショートのパンチを振るう。マクギーの左でバランスを崩したニアー、右ローでマクギーの左足を流す。

左ジャブでニアーを制したいマクギーは、前に出てくるところに左右のショートフックを決め、ローを打ち込んでから距離を取りなおす。右ロー、右ミドル、アッパーにボディフックとリズミカルに攻めるマクギー。左ジャブで動きが止ったニアーにヒザを蹴り上げ、ショートのボディフックからアッパー、左ミドルと攻勢を続ける。

アッパーの連打、ボディで後退した相手にボディを続けると、ついにニアーが自らしゃがみこむ。残り30秒、パウンドを連打するマクギーは足を払って右エルボー、さらにバックに回り込んで絞めに入ったところでタイムアップに。ニアーは時間に救われた。

2Rも左ミドル、ボディフックで攻勢を握るマクギーは、蹴り足を掴んで倒してなお、スタンドでニアーを待ち受ける。組んで距離を潰してからボディを見せるマクギー、ニアーもアッパーを返し、一旦は距離を取りなおさせる。マクギーは足を使いながら、ニータップもややスピードが落ちたか。と、ニアーの左がヒット。前に出て右をダブルで打ち込み、右ボディからアッパーのコンビネーションを見せる。

たまらず組みついたマクギーだが、ニアーがダーティボクシングでボディ、首相撲からヒザと逆に腹を攻める。残り1分、右アッパーで前に出たニアーは組んで左右のボディ、さらに左フックを打ち込む。マクギーもボディ、ヒザ蹴りと反撃に出るも再び左フックを受ける。残り20秒でテイクダウンを切られたマクギー、このラウンドはニアーが取り返したか。

最終回、左ミドルから前に出るマクギー。対してミアーは、左ジャブから右フックを打ち込む。ショートのパンチから右を伸ばすマクギーだが、右フックを顔面に受ける。と、ダブルレッグからドライブ、ケージにニアーを押しこんだマクギー。ニアーは細かいパンチを受けながらも、右に移動して距離を取りなおす。

と、残り3分でマクギーがテイクダウンに成功。ニアーの立ち上がり際にバックを伺う。ケージを背にして胸を合せたニアーだが、3Rになってケージレスリングの攻防で疲弊が目立つ。とダブルレッグからテイクダウンを取り返したマクギーが、エルボーを落し攻勢に。ハイガードから胸を蹴るニアーが、ヒールからバランスを崩しかかる。ニアーの三角を担いで、バックに回ったマクギーが残り1分でハーフバックへ。立ち上がって足を捌きながらエルボーを落したマクギーが、そのままトップから拳を落しながら、試合終了の時を迎えた。2Rには反撃を許したマクギーだが、しっかりと3Rを取りきる。そして、ジャッジ3者はその2Rもマクギーのラウンドとし、フルマークでマクギーがニアーを下した。

PR
PR

関連記事

Movie