この星の格闘技を追いかける

【Bellator】ザロムスキー、バック宙スタンプ&回転踵も判定負け

2013.01.25

<ウェルター級T準々決勝/5分3R>
ブレント・ウィードマン(米国)
Def3-0:29-27, 29-27, 29-27
マリウス・ザロムスキー(リトアニア)

試合はウィードマンがトップからサイドへ。ザロムスキーのギロチンは効果がなく、ウィードマンのヴァンフルー・チョークに苦しむ。ヒザをついて立ち上がったザロムスキーが距離を取りなおし、左に回りながらワンツーを出すが、逆にウィードマンのハイに続き、右ストレートを顔面に受ける。直後のダブルレッグダイブはケージを背にして耐えきったザロムスキーが、離れて右ミドルから左ミドルを見せる。

ザロムスキーの右フックに左を合せようとしたウィードマンは、ハイキックをブロックしてからヒザを突き上げる。下がりながらの左フックを終了間際に打ち込んだザロムスキーだが、リズムに乗りきれないまま初回を戦い終えた。

2R、左ハイやワンツーでプレッシャーを与えるウィードマン。ザロムスキーの左フックをかわして前に出ると、右フックをヒットする。背中を向けるように距離を取ったザロムスキーは、スイッチを入れるも効果はなく、組みつかれてヒザ蹴りからシングルレッグを仕掛けられる。ウィードマンはバックに飛び乗ろうとしたものの、勢いをつけすぎて前方に振り落される。

ガードを取ったウィードマンに、ザロムスキーがかつてDREAMのリングで見せたバック転からのストンピングを狙う。背中を向けた形で着地したザロムスキーのバックを取ったウィードマンは、すかさずバックマウントへ。残り1分、頭を小刻みに動かしてリアネイキドチョークを防ぐザロムスキーだが、四の字フックから逃れることはできない。ウィードマンがバックを制したママの状態で2Rが終了した。

最終回、オーソから左ローを蹴り込むザロムスキーだが、ウィードマンのテイクダウン狙いをスプロールする。と、右ひざをついた状態のウィードマンの顔面にヒザを入れ、レフェリーが止めようとしても、もう一発ヒザを放つ。反則負けでもおかしくないが、1Pのペナルティで試合は再開される。

直後にパンチの連打から、左ハイをみせたザロムスキーは、スピニングバックフィストを見せるも空振りに。執拗にダブルレッグを狙ったウィードマン。これを潰したザロムスキーが鉄槌を落す。ガードをウィードマンが取るが、レフェリーがブレイクを命じ、試合はスタンド中央で再開する。

と、前転するように浴びせ蹴りの要領で、踵をウィードマンに落していったザロムスキー。これを頭部に受けて動きが落ちたウィードマンだったが、何とか試合終了までしのぎ切りペナルティに関係なく判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Arzalet

Movie