この星の格闘技を追いかける

【REAL X ZONE 02】坂下裕介&ライカ&長南亮「坂下さんは柔らかさが必要。ライカはファイトドランカー」

Sakashita, Chonan & Raika【写真】坂下、長南氏、そしてライカ。鼎談はこれからどんどん不思議なライカの日常に話題が転じていくが、第1回は格闘技中心に(C)MMAPLANET

5月2日(土・現地時間)、神奈川県横浜市の横浜文化体育館で開催されるREALの第2回大会。今回はキックボクシング・イベントのZONEとの合同興行となり、リングとケージを入れ替えて使用するという日本格闘技界初の試みでもある。

そんなREALのサークルケージに元女子ボクシング世界3冠のライカの出場が決まった。フルMMAはこれで2戦目となるライカは大晦日DEEP DREAMの杉山しずか戦の敗北を受けて、年明けより長南亮率いるTribe Tokyo MMAでトレーニングを積むようになった。

REAL02にはそのTTMからは2月のGrandslamでボブ・アームストロングを完封した坂下裕介も出場する。ノシュワン・カンザダと対戦する坂下、沙弥子と戦うライカ、トレーナーの長南亮氏をと共にREALに賭ける想い、近況を話してもらった。

──5月2日、REAL02に出場するライカ選手と坂下裕介選手です。今日はトレーナーの長南亮さんを交え御三方の話を伺いたいと思います。今の体調はいかがですか。

ライカ 体調は問題ないですね。

──体調はということは、何か他には問題があるということでしょうか(笑)。

ライカ いえいえいえ、何も問題ないです。万全です(笑)。

坂下 僕も体調は万全です(笑)。

──繰り返しになりますが、体調はということは?(笑)

坂下 全然なにも問題なくて、良い感じですよ(笑)。

──坂下選手はTribe Tokyo MMAの所属選手ですが、ライカ選手はどのような形で関係しているのでしょうか。

ライカ 所属はフリーですけど、大晦日に負けてから……1月から練習はほぼトライブでやらせてもらっています。

──トレーナーの立場から見て、長南さんは2人の現状をどのように捉えていますか。

長南 全く別なので、2人をまとめて話すことはできないのですが、坂下さんの場合は、自力はあります。身体能力は凄く高いのですが不器用なところも凄くあります。なのでそこを修正しつつ、勝ちパターンを作るという感じですね。ライカの場合はまぁ、ボクシングではあれだけの結果を残していますが、MMAに関しては素人だったのでゼロから指導しなければならなかったです。

坂下 不器用だというのは、練習の時からずっと指摘されていることなんです。そこは何とか練習しながら修正できればと思いながらやっています。

──どういうところで不器用なのでしょうか。

長南 動きが固いんですよね。柔らかくない。体が固いというのもありますが、動きが凄く固いです。相当なパワーの持ち主なので、そこをコントロールして生かしていってほしいです。細かく腕十字がどうこうっていうのはスタイルではないのでやらせないのですが、しっかりと相手を抑え込んだり、テイクダウンをしたり、パンチを当てるだとか、そういう一つひとつのことで動きの固さが邪魔になっています。

──考えすぎてしまうとかありますか。

長南 真面目過ぎるんですよね。

【写真】生真面目さが信条の坂下。人間としてそこが魅力だが、MMAにおいては柔軟性が必要と長南氏は指摘する(C)MMAPLANET

【写真】生真面目さが信条の坂下。人間としてそこが魅力だが、MMAにおいては柔軟性が必要と長南氏は指摘する(C)MMAPLANET

──それはこうやってお話を伺っていても感じられます。

長南 凄く真面目なんです。もう少し、自分を客観的に見られるようになってほしいです。そうなれば、もっと楽なのにって思います。練習も凄く真面目ですし、量も多い。けど、もう少し楽に考えて練習も試合にも臨んでもらいたいです。

──練習でも全てを出し切るタイプですか。

坂下 そうですね。僕はラグビーをやっていたのですが、その頃から全力を出すという指導の下で練習をしてきたので。そういう頃の気持ちがまだ残っているのかと。格闘技とラグビーは違うということを結構、長南さんとかに指導してもらって、格闘技とはそういうものなんだと今更ながらなんですけど(苦笑)。

──ただ真正直でなく、狡さも必要かもしれないですね。

長南 狡さ、そして柔らかさですね。ただ、この真面目さが坂下さんの魅力でもあると思うんです。そう考えると、そこが伝わるような試合をしつつ、もう少し武器、攻めるパターンを作りたい。そういう努力を今もしています。次の試合も今までと違うパターンをお見せできると思います。

坂下 練習中からもずっと言われていることだし、ここ何試合かもセコンドについてもらっているのに指示してもらっていることが上手くできていない。頭では分かっているのに、なかなか動きは固いままで。なので練習中から、パワーでいくところはいくのですが、柔らかく動くところも必要だと意識はしています。今、修正中という感じです。

──まさに不器用ということです。高倉健さんばりの男らしさに通じると(笑)。

長南 そこが魅力なんです(笑)。

──一方のライカ選手ですが、また新たな挑戦を始めイチからのリスタートという感じでしょうか。

ライカ はい、やり直しです。ゼロ、ゼロに近いところからです。

長南 体は強いんですよ。そこが良いところですよね。ボクシングをやっていて総合をしたいという人を何人が見たことがあったのですが、体幹が弱いんですよ。そこは彼女は強いです。

──女子ボクシングで世界王者になるところ3度。そこから趣味でキックボクシングを始めたという風に伝わって来たのですが、すぐにMMAでもプロの舞台に戻ってきました。

ライカ 最初から趣味でやるつもりはなかったです。プロで戦おうと思ってやりはじめました。ターケットの伊藤(隆)会長には、山木ジムの頃からお世話になっていたし、『練習場所がないなら使っていいよ』って言ってもらっていて。ボクシングをやらせてもらっていたんですけど、ボクシングはもういいかぁって思えるようになり、キックのプロになろうと。でも、キックは総合のためのしようと思っていました。もともと、総合をしようと考えていたんです。だから、去年はキック中心で練習していました。

──ボクシングであれだけ結果を残していても、まだ戦い続けたいという気持ちはどこから浮かびあがってくるのでしょうか。

ライカ ボクシングもやり切っていなかったです。やり切っていないというより、正直まだやりたかった。全く、満足していないです。

長南 ファイト・ドランカーですよ。体が動く限り戦う(笑)。

ライカ いやいや、違いますよぉ。

<この項続く>

■ REAL02 対戦カード

<ライト級/5分2R>
ホドリゴ・カポラル(ブラジル)
國奥麒樹真(日本)

<フェザー級/5分2R>
マラッド・エナセリ(フランス)
芦田宗宏(日本)

<ミドル級/5分2R>
ノシュワン・カンザダ(パキスタン)
坂下裕介(日本)

<フェザー級/5分2R>
ライカ(日本)
沙弥子(日本)

<へビー級/5分2R>
カルロス・トヨタ(ブラジル)
矢野啓太(日本)

<ウェルター級/5分2R>
草・MAX(日本)
エリック・マイケル・フォート(米国)

<ライト級/5分2R>
間宮晃仁(日本)
ルイス・オカモト(ブラジル)

■ ZONE 対戦カード

<54キロ契約/3分5R>
藤原あらし(日本)
カルロ・パウパッダ(イタリア)

<68キロ契約/3分5R>
ジョイシー・イングラムジム(ブラジル)
メリケン雄人(日本)

<59キロ契約/3分5R>
森井洋介(日本)
マキ・ピンサヤーム(タイ)

<52.2キロ契約/3分5R>
貴・センチャイ(日本)
薩摩サザ波(日本)

<フェザー級/3分5R>
邦博(日本)
TARO(日本)

<68.5キロ契約/3分5R>
虎(日本)
森本一陽(日本)

<63.5キロ契約/3分3R>
吉田敢(日本)
夢・センチャイジム(日本)

<63.5キロ契約/3分3R>
錦和道(日本)
加藤純平(日本)

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Movie