この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC10】爽やかウォーターソン、ロクサンもらしく計量パス

Michelle Waterson vs Herica Tiburcio【写真】体操のお兄さんならぬ体操のお姉さんと呼びたくなるほど、爽やかなウォーターソン。Tシャツ着用のエリカ・チブシリオと比較して運動能力の差がありそうにも見えるが…… (C)INVICTA FC

4日(木・現地時間)、5日(金・現地時間)にテキサス州ヒューストンのシューストンアリーナ・シアターで開催されるInvicta FC10「Waterson vs Tiburicio」の公開計量が行われた。

メインは女子アトム級王者カラテホッティことミッシェレ・ウォーターソンに、エリカ・チブリシオが挑む一戦。エリカは11月に日本の浜崎朱加と対戦予定だったが、ビザの取得が間に合わず試合をキャンセル。浜崎は大晦日のDEEPに出場するために挑戦権が回ってきたという日本人ファンからすれば、やや複雑な世界戦である。現在3連勝中のエリカだが、ウォーターソンの脅威の打撃とジェシカ・ペネを下した寝技を目の当たりにすると、チャンピオン有利は動かない試合となる。

今大会にはロクサン・モダフェリも出場。前回のタラ・ラロサ戦で打撃に長足の進歩を見せていたハッピーウォリアーは、しっかりと計量でコスプレイヤー振りを発揮し、アンドレア・リーと対峙していた。

【写真】ロキシーもらしく笑顔で計量をパスし、アンドレア・リーとフェイスオフ(C)INVICTA FC

【写真】ロキシーもらしく笑顔で計量をパスし、アンドレア・リーとフェイスオフ(C)INVICTA FC

■ Invicta FC 10 計量結果

<Invicta FC 女子アトム級選手権試合/5分5R>
ミッシェレ・ウォーターソン:105ポンド(47.63キロ)
エリカ・チブリシオ:105ポンド(47.63キロ)

<女子バンタム級/5分3R>
トーニャ・エヴィンガー:134.75ポンド(61.12キロ)
シンディ・ダンドワ:135ポンド(61.24キロ)

<女子フライ級/5分3R>
アンドレア・リー:125.5ポンド(56.93キロ)
ロクサン・モダフェリ:125ポンド(56.70キロ)

<女子フライ級/5分3R>
ディアナ・ベネット:125ポンド(56.70キロ)
ジェニファー・マイア:124ポンド(56.25キロ)

<女子フェザー級/5分3R>
ペギー・モーガン:145ポンド(65.77キロ)
アンドリア・ワウロ:147ポンド(66.68キロ)

<女子ストロー級/5分3R>
アレクサ・グラッソ:115.25ポンド(52.28キロ)
アリダ・グレイ:115ポンド(52.16キロ)

<女子アトム級/5分3R>
キャリー・ロブ:105.25ポンド(47.74キロ)
ジン・ユ・フレイ:106.25ポンド(48.20キロ)

<女子フライ級/5分3R>
エヴァ・ジョンソン:125ポンド(56.70キロ)
レイチェル・アストビッチ:126ポンド(57.15キロ)

PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF ALL JAPAN