この星の格闘技を追いかける

【Invicta FC09】試合結果 端貴代、王座奪取ならず。魅津希は5戦5勝のポーランド人に惜敗

Invicta FC09【写真】ロンダ・ラウジー&UFCに引っ張られる形で、男子のMMAが行われている各国から新たな人材が発掘される女子MMA界。一番の歴史を持つ日本だが、そのアドバンテージはもはやないことが、改めて実感させられる厳しい試合結果が待ち受けていた(C)INVICTA FC

1日(土・現地時間)、アイオア州ダベンポートのリバーセンターでInvicta FC09「Honchak vs Hashi」が開催された。

メインでは端貴代がフライ級王者バーブ・ホンチャックとのInvicta女子フライ級選手権試合に挑み、5Rを戦い抜くも、一貫してケージに押し込んでくる王者に敗れ、悲願のベルト奪取はならず。1年3ヶ月ぶりの米国での試合でインヴィクタ2連勝を目指した魅津希は、キャリア5戦5勝のカロリーナ・コバケビッチに手数で押され、スプリット判定で惜敗を喫した。

同大会の全試合結果は以下の通りだ。

Invicta FC 09「Honchak vs Hashi」
<Invicta 女子フライ級選手権試合/5分5R>
○バーブ・ホンチャック(米国)5R
判定
詳細はコチラ
×端貴代(日本)
<女子ストロー級/5分3R>
○カロリーナ・コバケビッチ(ポーランド)3R
判定
詳細はコチラ
×魅津希(日本)
<女子フェザー級/5分3R>
○ラケル・パアルイ(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ケイトリン・ヤング(米国)
<女子アトム級/5分3R>
○ジョディ・エスキベル(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×ニクダリ・リベラ(米国)
<女子アトム級/5分3R>
○アンバー・ブラウン(米国)3R
判定
詳細はコチラ
×リズ・マッカーシー(米国)
<女子ライト級/5分3R>
○アマンダ・ベル(米国)1R4分55秒
TKO
×マリア・フーガード・デュアサー(デンマーク)
<女子フライ級/5分3R>
○アンドレア・リー(米国)3R
判定
×シャノン・シン(米国)
<女子フライ級/5分3R>
○ジェイミー・モーイル(米国)3R
判定
×ジェニー・リオウ・シュライバー(米国)
<女子フェザー級/5分3R>
○ケリー・マギル(米国)3R
判定
×メーガン・グッドウィン(米国)
PR
PR

関連記事

Movie

JBJJF