この星の格闘技を追いかける

【UFN51】老獪チバウがホールマンを封じ込める

<ライト級/5分3R>
グレイゾン・チバウ(ブラジル)
Def.2-1:29-28, 29-28, 28-29
ピヨトル・ホールマン(ポーランド)

サウスポーのチバウに左ローを見せたホールマン。チバウは左ハイからラッシュを掛けて、パンチを打ち込むとダブルレッグでテイクダウンを奪う。すぐに立ちあがったホールマンに対し、チバウは距離を取り直して右ヒザを繰り出す。ホールマンは右ミドルを蹴り込み、距離を詰めて左フックから右ヒザ、そして右前蹴りを放っていく。チバウのニータップに姿勢を乱すも、ホールマンはすぐに右ミドルを入れる。チバウの離れ際の左フックは空振りに、と残り2分でチバウがダブルレッグを決める。

ここもホールマンは立ち上がると、右ヒザをボディへ。続いて右ミドルから組みつくが、チバウが体を入れかえる。ホールマンの右に左を返したチバウは、下がりながらカウンターを狙うも、左ミドルにパンチを合わされる。序盤のラッシュとテイクダウンで初回を取ったチバウは、2Rに入るとスピニングバックフィストからラッシュ、そしてダブルでテイクダウンを取る。攻勢点を稼ぐと、無理をしないチバウはケージ際で組み合いで時間を費やす。

ブレイク後、またも下がり&カウンター基調なるチバウは手数を減らす。そしてホールマンが前に出てくると左を打ち込むという効果的な戦いを見せる。動きが大きくなっていくホールマンのヒザに組みついたチバウは、ここでも時間を有効に使う。残り2分、ニータップを見せたチバウ。掛からないと見ると、またも下がりながらのファイトに。ホールマンも左フックから飛び込むが、テイクダウンを奪えず逆にケージに押し込まれてしまう。とダブルでテイクダウンを狙うチバウ、スピニングエルボーは空振りしたが、ケージレスリングに終始、2Rもしっかりとラウンドをモノにした。

最終回、左ジャブから右を狙うホールマンに対し、チバウが左を伸ばし、またもダブルレッグを決める。序盤にポイントを稼いで、まずはペースを掴むと、ケージにホールマンを押し込んで時間の経過を持つ。残り3分を切るころに距離を取り直したチバウだが、ボディにヒザ受ける。ケージに背中をつけた展開が多いチバウは、ホールマンの首相撲からのヒザで頭部をカットする。ここでレフェリーチェックが入るが、中断前と違う形で試合が再開され、レフェリーが位置を入れかえる。直後にチバウがテイクダウン。老獪なチバウ。立ち上がられヒザを受けても、最後までホールマンをケージに押し込んで試合をまとめたチバウが、スプリット判定をモノにした。

PR
PR

関連記事

大会予定(現地時間)

Road FC45

HEAT41

Movie