この星の格闘技を追いかける

キック新時代幕開け~「GLORY WORLD SERIES 2012」全試合結果

2012年5月26日(土・現地時間)、スウェーデン・ストックホルム エリクソングローブ・アリーナでは、「GLORY WORLD SERIES 2012 – First 16」が開催された。

GLORY SPORTS INTERNATIONAL(GSI)の誕生により、K-1 WORLD MAXとは別の舞台として、中量級=70キロの世界トーナメントが行われることになった今大会。ジョルジオ・ペトロシアンをはじめ、K-1 WORLD MAXの初代王者アルバート・クラウス、昨年9月のIt’s Showtime70キロトーナメントを制したロビン・ファン・ロスマーレン、キャリア100戦以上を誇るフランスのファビオ・ピンカ、そして、日本の佐藤嘉洋ら豪華な面々がトーナメント出場を果たしている。

その他にも、セーム・シュルト、エロール・ジマーマンによるGlory世界ヘビー級王座戦や、グーカン・サキ、ニキー・ホルツケンら注目のファイターも参戦。翌27日(日・同)にはスペインのマドリッドでK-1RISING 2012が開催され、まさにキック界が新時代を迎えるといっていい二日間――。先行して行われた「GLORY WORLD SERIES 2012 – First 16」の試合結果は、キックボクシング・ルネッサンス直前企画として行われた、MMAPLANET両執筆陣による対談とともに振り返ってほしい。

■MMAPLANETスペシャル対談

キックボクシング・ルネッサンス Glory vs K-1対談(01)

キックボクシング・ルネッサンス Glory vs K-1対談(02)

キックボクシング・ルネッサンス Glory vs K-1対談(03)

Glory世界ヘビー選手権試合/3分3R
○セーム・シュルト
(オランダ)
3R
TKO
詳細はコチラ
エロール・ジマーマン×
(オランダ)
ヘビー級/3分3R
○グーカン・サキ
(オランダ)
1R1分09秒
KO
詳細はコチラ
カーター・ウィリアムス×
(米国)
76キロ契約/3分3R
○ニキー・ホルツケン
(オランダ)
2R
TKO
詳細はコチラ
アレックス・ハリス×
(スウェーデン)
GWS70キロトーナメント 1回戦/3分3R
○ジョルジオ・ペトロシアン
(イタリア)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ファビオ・ピンカ×
(フランス)
GWS70キロトーナメント1回戦/3分3R
○アルバート・クラウス
(オランダ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
モハメド・エルミール×
(デンマーク)
GWS70キロトーナメント1回戦/3分3R
○サニー・ダルベック
(スウェーデン)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ウォーレン・スティーブルマンス×
(オランダ)
GWS70キロトーナメント1回戦/3分3R
○カイ・ホーレンバック
(米国)
1R0分46秒
TKO
詳細はコチラ
マイケル・コーリー×
(米国)
GWS70キロトーナメント1回戦/3分3R
○ダビッド・キリア
(グルジア)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ケム・シッソーピノーン×
(タイ)
GWS70キロトーナメント1回戦/3分3R
○ロビン・ファン・ロスマーレン
(オランダ)
3R終了
判定
詳細はコチラ
ジャバル・アスケロフ×
(ロシア)
GWS70キロトーナメント1回戦/3分3R
○ティム・トーマス
(英国)
3R終了
判定
詳細はコチラ
デニス・シュナイドミラー×
(ドイツ)
GWS70キロトーナメント1回戦/3分3R
○シェムシ・ベキリ
(スイス)
3R終了
判定
詳細はコチラ
佐藤嘉洋×
(日本)
MMAライトヘビー級/5分3R
○イリル・ラティフィ
(スウェーデン)
3R終了
判定
詳細はコチラ
トニー・ロペス×
(米国)
MMAライトヘビー級/5分3R
○ジェイソン・ジョーンズ
(オランダ)
1R1分09秒
腕十字
詳細はコチラ
ドリタン・バルヤマイ×
(オーストリア)
PR
PR

関連記事

Movie