この星の格闘技を追いかける

【UFC132】ハグランド、ウィーカーを判定で破る

2011.07.03

<バンタム級/5分3R>
ジェフ・ハグランド(米国)
Def.判定3-0:29-28、29-28、30-27
ドニ―・ウィーカー(米国)

ジャブやローで牽制する両者。ハグランドがローを蹴れば、ウィーカーもローを返す。ハグランドがテイクダウンを奪うと、右のパウンドから左のエルボー、そのまま左のパウンドを落しながらパスを狙う。

頑強なパスワークを駆使し、クローズドに戻したウィーカーはガードからヒジを突き上げる。ハグランドはエルボーを落しつつ、ケージにウィーカーを押し込むと、立ち上がり思い切りパウンドを落とした直後に、隙間ができるとそのまま首に絡みつきギロチンへ。

自ら背中をつき勝負を掛けたギロチンだが、ウィーカーは首を引き抜きトップを奪う。ガードを強いられたハグランドは十字を狙っていくが、両足首をコントロールされて、後方回転をするように亀の態勢に。ウィーカーはダースチョークを狙うも、ダブルレッグの体勢になったハグランドが逆にトップを奪う。

ウォーカーは負けじとヒザ十字へ、足のロックは緩いが下からエルボーを見せるなど、両者動き続けて初回を終える。2R、ハイから左右のフックを振るいつつ前に出るハグランド。ウィーカーはスーパーマンパンチを失敗し、ハグランドのローを受ける。


ハグランドのテイクダウン狙いを阻止したウィーカーだが、首相撲からヒザ蹴りを受ける。動き続けるなかでも、ポイントとなる攻防で優勢に立つのはハグランドだ。そのハグランドの蹴りでバランスを崩したウィーカーは、続くローが急所に当たる。

再開後は、左ジャブで距離をコントロールしようとするハグランドに対し、ウィーカーが突進。これをギロチンで受け止めたハグランド、残り10秒を切り思い切り絞め上げるが、ウィーカーが耐えきり、試合は最終回へ。

前に出るウィーカーがパンチを振るうが、ハグランドに組みつかれてケージに押し込まれた。すぐに体勢を入れ替えたウィーカーは、ニーをボディに突きあげる。2R終盤のギロチンでスタミナをロスしたか、簡単に下になったハグランド。ケージを蹴って、腕十字を仕掛ける。

右腕が伸びかけたウィーカーだが、立ち上がってスラムでこの局面を切り抜ける。疲れてなお、巧みなガードワークを見せるハグランド。ここでレフェリーがブレイクをかけ、残り2分30秒で、スタンド戦へ。右フック、ロー、再び右フックを受けたハグランドは、テイクダウンを狙うが、ウィーカーはダースチョークを狙う。

攻め込まれるハグランドだが、ここでリバーサルに成功し、トップへ。頭をつけてパンチを見舞い、残り1分が過ぎるのを待つ。鼻の頭をカットしたウィーカーは、ガードを強いられた状態で試合終了のホーンを聞いた。

両者、両手を広げ勝利をアピールが、セコンドに抱え上げられたハグランドは疲れ切った表情を浮かべる。ジャッジはそのハグランドの序盤2Rの攻勢を取り、30-27、29-28、29-28と裁定、ハグランドが判定勝ちを収めた。

PR
PR

関連記事

Movie